FC岐阜の楽しみ方:奪われた直後に奪い返せるか

FC岐阜の楽しみ方:奪われた直後に奪い返せるか

 河童戦術:39ft:
FC岐阜の楽しみ方:奪われた直後に奪い返せるか

39ft:
ボール保持率とか何本パスを成功させたとか、そんなものは「結果としてそうなった」だけであり、それが目的ではありません。それは相手を崩すための手段を続けた結果で、あくまでも目的はゴールであり、勝利です。ボールを保持し続けることが目的なのではなく、仕掛け続けた結果、ボール保持率が高かった。ただそれだけです。

という話をなんでいきなりするかというと、FC岐阜がやろうとしているサッカーが出来るかどうかは「守備」にかかっているからです。まあ攻撃がうまくできないと良い守備ができないんですけどね。説明しやすいかなと思いまして区切ってお話をさせていただきます。

専門用語だと「ネガティブトランジション」という部分なのですが、ざっくり言うと「ボールを失った直後の攻撃から守備への切替」ということです。ただ、これに関しては以前に2回ほど記事を書いているのでまずはそちらをチェックしていただけるとありがたいです。

浦和レッズのネガティブトランジション | 河童戦術

今回注目したのは「ネガティブトランジション」です。簡単に言うと「ボールを奪われたりしたときの攻撃から守備への切替」ということ。これについて浦和レッズを例にしてみたいと思います。ちなみにこの攻撃から守備への切替は「1.相手の攻撃を遅らせる」「2.ボールを奪う」「3.奪いに行くのは諦めて自陣でブロックを作る」などという形に分かれると思いますけど、今回は2番のボールを奪うです。

元のサイトで読む

局面を切り取る連載その4:敵陣でのネガティブトランジション | 河童戦術

奪った瞬間その選手が孤立していたりボールの周りに味方が多く集まっているからできるわけですね。よって攻撃してるときからこういう状況になる下地をつくってきているということ。

元のサイトで読む




FC岐阜の場合も、攻撃時の組立ではどちらかのサイドに多くの味方が集まって数的優位をつくります。よって、こちらが仕掛けた結果奪われた場合、大抵その瞬間は味方のほうが数は多いです。それにより、奪われた瞬間から奪い返しにいくことで、またボールを奪取できるわけですね。




この部分に関しては、チームそれぞれのやりかたがあるかと思います。ただし、この奪われた瞬間から奪い返しにいって攻撃の時間を長くする、という考え方は同じだと思われます。岐阜ですが前半は名古屋に対してボールを失った瞬間からプレッシャーを掛け続け、相手のミスを誘発したり、そのまま奪い返すという場面が多く、そのため攻撃の回数が増えたことでパス本数が増えたりボール保持率が上がっていましたね。

しかし、後半になると名古屋も修正し、運び方や前からの守備の方法を変えたことでペースを握り、特に後半は名古屋のペースとなっていました。つまり、ボールポゼッションを上げる。パス回数を増やす。ゲームを支配する。などは大抵守備の出来にかかっているということ。

去年のことはよく知りませんが、FC岐阜のこの攻撃から守備への切替というのはかなり脅威でしたね。ただそれを90分続けることができてないみたいでしたが。まあまだ2試合終わっただけですし、これからこの「良い守備ができてる時間」が伸びればそれだけ攻撃の時間も増えていく。ということになるかと思います。

だいたいですが、ボールを奪われてから奪い返すまでの目安は5秒~10秒くらい。それ以上だと持ちませんし、最初の5秒くらいが勝負です。そこで奪い返せれば俺のターンが続きますし、無理だった場合は一度撤退し守備陣形を整えます。

というわけで、ボールを失った直後から切り替えてどれだけ奪い返せているのか。という部分に注目してみることをおすすめします。

©河童戦術 2014 | VeeThemes