ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

FC岐阜の楽しみ方:サイドに張っているか

FC岐阜の楽しみ方:サイドに張っているか

 河童戦術:39ft:
FC岐阜の楽しみ方:サイドに張っているか

39ft:
J2第2節の名古屋グランパス対FC岐阜の試合を参考に、岐阜のサッカーをより楽しむための連載みたいになってきたこの話題ですが、今回は「ウィングの攻撃」という部分について触れてみようと思います。




FC岐阜はどちらかのサイドに全体が寄って数的優位な状況をつくる。というお話を別の記事でしたのですが、実はそのとき、逆サイドのウィングは寄ってきません。ここのポジションには、他の選手とは別の、大事な役割があったりします。

まずは幅をつくること。このウィングの選手まで中央へ寄ってきてしまうと、相手同士の距離も縮んでしまい、相手と相手の間にあるスペースが小さくなってしまいます。まあRBライプツィヒみたいなのは別の機会に話すとして、この「逆サイドのウィングが幅をつくる」というところがポイントです。

例えば左サイドにチーム全体が寄って数的優位の状況でパスを回し、相手を崩そうとする。そうすると相手もボールサイドに全体が寄ってきますね。ただしここで逆サイドのウィングだけはサイドに張ってる。そこへ速くて正確なパスが届く。そうなるとその局面は1対1になることが多く、ここでどんどん勝負させることで、相手を崩そうとするわけですね。

また、逆サイドのウィングが張ってることで、もし相手の守備間隔が開けば、中央の選手がその広がった相手の間にあるスペースを使えますね。つまりサイドに張り続けることで中の味方を助けてる。ということにもなります。ボールが欲しいからとウィングの選手が寄ってきては逆に中の味方に迷惑でもあるわけですね。そういう部分はたしか日本代表の本d...おっと誰か来たようだ。





もしウィングの選手がボールとは全然関係ないところでぽつんと孤立していても、それには狙いがあってそうしているってことですね。積極的に中央に寄ったり下りてきて組立を手伝うのではなくサイドに張って幅をつくる。それによって中央の味方を助けている。また、相手と1対1や2対2の状況でボールを受けたらどんどん仕掛けて崩す。相手の裏を積極的に狙うなど。そういう見方でウィングの選手に注目してみることをおすすめします。

©河童戦術 2014 | VeeThemes