ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

FIFA17:初心者向け:FWのゴール前でのコース取りについて

FIFA17:初心者向け:FWのゴール前でのコース取りについて

 河童戦術:FIFA17:game:
FIFA17:初心者向け:FWのゴール前でのコース取りについて

FIFA17:game:
誰もやるひとがいないので、まずは自分がやってみようと試しにドロップインマッチでGKに挑戦してみたところ、前半開始20分で2失点をしてしまい心が折れた河童です。どうも。

さて今回はFWの動き方について。とりあえず4-4-2のFWでゴール前に入っていくところでも書こうかと思います。で、2トップですのでCFとSTに分けるとするならCFの方です。





まずはこのゴールについて。一連の流れからひとつひとつの動きを切り取って説明してみようと思います。





最初にサイドの高い位置で味方がボールを奪います。この時点でまず考えるのは展開です。もし奪ったところの周辺が数的不利だったり孤立していたときには、近寄ってパスコースを作ってあげます。ただしこの場面では奪ったところの周辺は味方のほうが多いですね。よって、クロスが上がってきたりパスがくるだろうと予測し、ゴール前へ上がっていきます。





このとき走りこむコースなんですが、自分の場合は「遠いサイドのCBの内側に入る」ようにしています。上の画像では右サイドからクロスが上がりそうなので、相手右CBの内側ですね。

もし近いほうのCBの外側から右サイドに流れるように走った場合、さらに相手のDFを引きつけることができるかもしれませんが、ゴールを狙うのが難しい角度になります。また近いほうのCBの内側に入ってしまうとクロスなどを自分が触る前に相手に跳ね返されてしまいます。





最初のクロスのタイミングで走ったのですがボールは中央ではなくさらにサイドへ展開されました。このときCFはオフサイドの位置にいますね。で、ここで大事なのは「次の展開を予測する」です。

この状況では右サイドを走っている選手が完全にフリーの状態です。もしそこへパスが出ればその推進力のまま精度の高いクロスが届くと予測できます。よって「一度立ち止まる」という選択をしました。ここでそのまま前に前進するとオフサイドのままですし、一旦後ろへ戻ってから入りなおすだとクロスに間に合わない可能性があります。

で、相手の最終ラインが裏を取られて後ろ向き(相手のゴールに向かっている)状態なのでオフサイドラインが下がっていってるわけですね。なので、一度立ち止まり、タイミングを取り直してもう一度ゴール前へ入り込みます。





また同じように遠いサイドのCBの内側に入り込みました。これだと近いサイドのCBは飛び越えるので対応できませんし、遠いサイドのCBは内側に入られてるのでボールに触れないですね。このコース取りが感覚としてわかってくると、ゴール数は結構増えると思いますよ。

もうひとつ大事なことは、サイドからシンプルにクロスをあげたってところです。もしここで変にコネたりしてた場合、中央の味方がクロスをあげるタイミングがわからず、しかも相手に寄せられる時間を作ってしまうことになりますね。

よって、クロスに関しては自分のタイミングではなくチームのタイミング(中央の選手のタイミング)にあわせてシンプルに出していただけるのが一番ありがたいです。サイドで何度も切り返してなんとか上げたとしても、中央では味方も相手も立ち止まってしまっていて時すでに遅しということがたまにあります。最適なのは相手を後ろ向きに走っている状態にさせて(裏を取るとか)そこからシンプルにDFとGKの間に出すというタイミングかと。

まとめると、ゴール前に入り込むときは「遠いサイドのCBの内側に入る」「クロスは自分のではなく味方のタイミングで入れる」「次の展開を予測する」という感じかと。

©河童戦術 2014 | VeeThemes