ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

FIFA17:初心者向け:カバーリングするときの思考過程

FIFA17:初心者向け:カバーリングするときの思考過程

 河童戦術:FIFA17:game:
FIFA17:初心者向け:カバーリングするときの思考過程

FIFA17:game:
どうして最近守備についてばっかり書いているのかというと、ボランチやSBやCBばっかりやっているからです。FIFA17で頭を使ってチーム全体で守備をするってめっちゃ楽しいですよ。ひとりでコネコネしてゴール決めるよりも数倍楽しいですしサッカーしてるって感じがします。


今回は「カバーリング」についてです。いつもは「ボールを失ったら即撤退」「4-4のブロックを復元」「圧縮してスペースを消す」みたいなことを言ってるんですが、それでも必ず綻びはできます。攻撃時に人数をかけた分、被カウンター時のリスクは高くなりますし。





そんなときに相手の攻撃を「読んで」ボールを奪ったときはゴールを決めるのと同じくらい嬉しいものです。してやったり。というわけで今回の記事はカバーリングするときの自分の思考過程なんかをまとめてみます。この楽しみがわかるようになると、プロクラブでチームが後ろから埋まっていくなんていう現象が起きるかもしれません。



まず左サイドの攻撃が失敗し、相手にボールを奪取されます。そのときにボランチをやっている河童はまずレーダーで味方と相手の枚数を数えます。数的に不利なのか、優位なのか。そして自分のポジショニングを決めます。カメラを自分のところへ切り替えてもいいのですが、動画撮影していることもあって常にボール視点にしています。



そこから右サイドへ展開されるわけですがここで右サイドハーフの選手が競り合います。ここで勝てばチャンスですけど、もし競り負けるとここの局面は相手のほうの人数が多いためピンチになる可能性が高いと予測できますね。よって、奪いにいくのではなく危険なスペースを埋めるように動きます。



競り合いで負けて相手がフリーの状況でボールを持ち、被カウンターという場面になります。そして、ここでやっかいなのが右サイドバックのCOMです。COMはボールへプレスをかけに行きます。もしこの右SBがプレイヤーなら「遅らせて!」という指示もできるのですが、COMは自分のポジションを空けてボールに対してプレッシャーをかけにいってしまいました。

で、ここでボランチの河童は中央の人数が3対1と数的優位であることを認知しています。そのため相手のトップへのパスコースを切りながらCOMが空けた右サイドのカバーリングができるような位置へ移動します。



COMがボールに対してプレッシャーをかけて少しだけ遅らせて、そして味方の戻りは早いのですが、それでも右サイドには大きなスペースが空いていて危険な状況です。左ボランチが戻ってきていて自分がポジションを空けても中央はなんとかなりそうと判断し、ここで河童はパスコースを切りながら右サイドへパスを出されたときのことを想定しポジショニングを修正します。



サイドバックがCOMの場合、結構な確率で裏のスペースを使われることが多いような気がします。原因はその前のサイドハーフがなんらかの要因で不在になりそのスペースを埋めるためにCOMのサイドバックが上がってしまい、その後ろを使われるというパターンですね。これに関してはなんとかならないものか思案中です。ただ、そういう傾向なんだよってのを覚えておくと、カバーするときの判断に役立つかもしれません。



裏に出されたタイミングでカバーをしてボール奪取に成功。そして大事なことはこの体勢だと前に出すのはかなりリスクが高いということ。まだ本当に初心者だった頃はここで無理やり前を向いてボールを奪われるなんてことがよくありましたけど、学びました。

で、このままでは2人に囲まれてしまいそうな状況なうえに体勢的に出せるパスコースもひとつしかないため、GKへ戻しました。これがボールを奪われてからボールを奪い返して保持するまでの一連の思考です。


こういうそのときの状況や展開などを踏まえて相手の攻撃を読み、ピンチを未然に防ぐ守備というのが綺麗に決まるとほんと病み付きになります。ゴールやアシストってのは誰が見てもわかるし目立つ部分ですけど、サッカーを知ってる人はこういうところもちゃんと見てくれています。たぶん。

なんか若いころサッカーやってて本当に良かったなあとゲームやってて思うときが来るなんて思いませんでしたけど、こういう現役時代に培った技術が思いもよらないところで役に立ったりするなんて、ほんと面白いものですね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes