FIFA17:初心者向け:守備時はチーム全体の幅と深さを縮める

FIFA17:初心者向け:守備時はチーム全体の幅と深さを縮める

 河童戦術:FIFA17:game:
FIFA17:初心者向け:守備時はチーム全体の幅と深さを縮める

FIFA17:game:
歳をとってくると試合中にサラミを食べたら鼻につまるという謎の現象が起きるようになります。みなさんも気をつけましょう。


で、前回の記事では「守備のコツは動きすぎないこと」という部分を説明しました。そして今回はそれを発展させて「圧縮してスペースを与えない」というところを書こうと思います。ちなみに最近の河童さんはボイスチャットで「ポジショニング~」「圧縮~」「プレスバック~」と被カウンター時の「あとはオレにまかせろ!」とパスがうまく繋がったときの「ナイス!ナイス!ナイスじゃねえ!」くらいしか話してない気もしますが気のせいです。





では圧縮というお話。前回の記事で「守備をする際の原則として、ディフェンス時はチーム全体の幅と深さを縮め、ピッチ中央のゾーンを優先して守備をします。チーム全体の幅と深さを縮めることで、チームメイト同士がカバーリングをしやすくなり、数的有利の状況を作りやすくなります。反対に、スペースが空くと守備をするのは難しくなります。守備の時は、相手にスペースを与えないようなポジションをとる。これが基本になります」と書いてあった部分です。実際のサッカーでもこれくらい超圧縮するチームはありますけど、これだとかなり相手にとっては脅威ですね。





チーム全体の幅と深さを縮めてお互いがカバーしやすくしてパスコースを消して圧力をかけて行く。これはゲームが上手下手というところではなく「サッカーを知っているか」という部分になるかと思います。

ちなみにこのメンバーも全員がベテランというわけでもなく、自分のようにFIFA17からはじめたガチ初心者もいますしFIFA歴の浅い人も多く知り合って1週間程度の関係ですが、それでもサッカーを知っていればチームとしてこういう守備ができるようになるわけです。これって逆にFIFA17すげーってなりますよね。サッカーを知ればゲームが上手くなる。

まあ河童戦術チームに参加していただいた方がブログを読んでくれて参考にしていただき、それが共通認識としてチームの戦術に落とし込めた。っていうことにしておいてくれると嬉しいです()



.....うそですごめんなさいほんといつも介護していただきありがとうございます。


©河童戦術 2014 | VeeThemes