ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

FIFA17:初心者向け:ボールを奪われないL2プロテクトの使い方

FIFA17:初心者向け:ボールを奪われないL2プロテクトの使い方

 河童戦術:FIFA17:game:
FIFA17:初心者向け:ボールを奪われないL2プロテクトの使い方

FIFA17:game:
最近FIFA17プロクラブの河童戦術チームは降格をしたんですが、化け物のような11人で統制のとれた集散が激しく攻撃も守備も連動した鬼のようなチームとばったり当たるということは少なくなりました。まあ今回立ち上げているチームは初心者でもプロクラブを楽しんでもらえるようにつくっているので、もしガチ勢の方がなにかの間違いで河童戦術チームと当たったときにはやさしくしてくださいね。


というわけで今回は実践で役に立つスキルを取り上げてみます。2週間ほどやってみて感じた感想なのでもうちょい慣れてきたらまた変わるかもしれませんが、今は役に立ってるよっていう操作です。





これはL2の「プロテクト」ですね。相手が近くにいてボールを失ってしまうリスクがあるときは多用しています。ボールと相手選手の間に自分の体を入れてボールキープを確実におこなうときにはこれがかなり便利。この操作をするかしないかでボールロストの回数は格段に変わります。





じゃあいつもこれをやっておけばボールを失わずに展開できるかっていうと実はそうでもありません。たとえばCB相手に背を向けてしっかりとキープはできるのですが、そこに相手ボランチなどから挟まれる、いわゆるプレスバックなどをされて囲まれるとやっぱり奪われることがあります。

つまり万能ではないということですね。相手と1対1の状況ならしっかりとボールをキープできますが、複数で囲まれるとやっぱり奪われると。





このような場面の状況判断としては、相手と1対1でしっかりとキープしたい、味方が押し上げる時間をつくりたいときはL2プロテクトでしっかりとボールをキープし、相手に囲まれそうなときや味方の推進力を活かしたいときはすぐパスなどをしてロストしないということを判断していく必要があります。

守備側としてはまずはしっかりと相手を止める。そして周りが奪えると判断したら一斉に囲い込む。そういう駆け引きを意識してみてはいかがでしょうか。

最後に。まずは無駄なボールロストを減らす。数的不利の状況に突っ込んでいかない。前だけでなく横や後ろも使う意識を持って周りを見れるように気をつける。こういうところがわかってくればいよいよ初心者卒業は間近かもしれませんね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes