ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

ツイッターのアイコンをボケないように綺麗なまま反映させる方法とGIFなどの透明部分を反映させる方法

ツイッターのアイコンをボケないように綺麗なまま反映させる方法とGIFなどの透明部分を反映させる方法

 河童戦術:note:
ツイッターのアイコンをボケないように綺麗なまま反映させる方法とGIFなどの透明部分を反映させる方法

note:
「ツイッターのアイコンをしょっちゅう変えるひとは浮気性ですよね」とこっそり思っているんですが、自分もしょっちゅう変えてます。けど違います。

で、今回はツイッターのアイコンを綺麗に反映させる方法を書こうと思います。実は今回取り上げるサイトには2つの使い道がありまして、「ツイッターのアイコンを綺麗に反映させる」ともうひとつ「GIFなどの透明部分を反映させる」ことができます。


その自分もよく利用させていただくサイトがこちら

TwitterのアイコンをAPI経由でアップロードするツール

Twitterのアイコン画像を Twitter API v1.1経由でアップロードするためのツールです。
アイコン画像をAPI経由でアップロードすることで、アイコン画像のボケ等を回避します。

https://retrorocket.biz/upico/

手順は必要ないほど簡単にできるサイトですが、やり方を載せておきます。

1.サイトにアクセス




ここで「認証してアイコンをアップロード」を押す。するとツイッターの認証画面になるので「連携アプリを承認」で連携。

2.アイコンにする画像を選択




ここで「ファイルを選択」でアイコンにする画像を選択し、下の「OK」ボタンを押す。

3.完了




これで終了です。あとはツイッターの画面で確認をするだけ。かなり簡単ですね。ちなみにGIFなどの透明部分をそのまま透明で反映させるときもこれと同じやり方で反映されます。





このようにアイコンの透明部分が透過されて、背景色で変わります。ちなみに、たまに透明にしたはずなのに透明にならない!というときがあるのですが、それは画像が内部的に透過されてないってことが多いので、そちらをご確認くださいませ。


最後に。注意事項なんですが、誤解しないでほしいのですがこれは「綺麗な画像を綺麗なままアイコンにする」方法であって、決して「画像が綺麗になる」わけではないということ。元々がアレだとそのまま反映されますからね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes