ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

名古屋グランパス復帰の闘莉王「オレをクビにして自慢してたヤツらはこういうときどこにいるのか」

名古屋グランパス復帰の闘莉王「オレをクビにして自慢してたヤツらはこういうときどこにいるのか」

 河童戦術:Football:
名古屋グランパス復帰の闘莉王「オレをクビにして自慢してたヤツらはこういうときどこにいるのか」

Football:
名古屋グランパスについて批判的な記事の多いと噂をされている中日スポーツからこんな記事が出ていました。


「闘莉王頼む!!」 サポーターが闘将に懇願:グラニュース:中日スポーツ(CHUNICHI Web)

名古屋グランパスの元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)が、決意の1週間を迎える。3日の天皇杯長野戦での金星献上を見届けた後、思いを激白。「オレをクビにして自慢してたヤツらはこういうときどこにいるのか」とフロントの姿勢に疑問を呈しつつ、自身がチームを立て直す覚悟を示した。チームは4日、豊田市内でのミニキャンプの疲労を考慮して休養に専念した。

元のサイトで読む


「オレをクビにして自慢してたヤツらはこういうときどこにいるのか」←こんなやつが本当にいるのかよw って思ったのですが、そういえば以前こんな記事がありましたね。


あーこれは間違いなく名古屋グランパスのことだな | 河童戦術

翻ってオリジナル10で下位に低迷する名門クラブ。私の土台を築いてくれた恩義あるクラブは、昨年からピッチ外がゴタゴタしている。新しい人材が加わる際にクラブトップの社長が最終段階まで知らされていないことや、功労者を半ば追い出す形で退団に追い込み、あろうことか「オレが追い出してやったんだ!」と豪語する幹部。さらに言えば、共有すべき情報が共有されていないがために、強化部の各人が提出した外国人補強リストの名前が同じという珍事。組織として完全に機能不全に陥ってしまっている。

元のサイトで読む


これやっぱり本当だったんですかねえ。サッカーって不思議とどんなに良い選手が揃っていても、どんなに良い監督がいても、フロントがゴタゴタしてるとそのうち勝てなくなって降格するんですよね。

で、伝え聞いた程度の情報ですけど想像するに名古屋グランパスは闘莉王に対して結構酷い追い出し方をしたと思われます。それなのにクラブが窮地に陥ったときには、追い出されたクラブから助けを求められたのにすぐさま駆けつけた。なんかそういうところまで考えると今回の闘莉王グランパス復帰というのは複雑な思いがあったのかもしれませんね。

今季は本当に名古屋グランパスについては降格する可能性もかなり高く、闘莉王が復帰したからといって残留への望みは依然かなり薄い状態ではあります。それでも、一度は追い出された名古屋のためにまた戻ってきてくれた彼には頑張ってほしいなあと思いました。

©河童戦術 2014 | VeeThemes