サッカー日本代表の「本田圭佑問題」について

サッカー日本代表の「本田圭佑問題」について

 河童戦術:Football:
サッカー日本代表の「本田圭佑問題」について

Football:
ロシアW杯アジア最終予選の初戦でUAEに負けてしまった日本代表ですが、次はタイ代表と戦います。もしここで負けたりでもしたらハリルホジッチ解任の可能性も高いほどの重要な一戦。

それにしても初戦のUAE戦は酷かったですね。ここ数年何度かこういう状態になることがありましたけど、何年経っても変わらないと言いますか。じゃあ何が問題なのかというと本当にいろいろあるんですが、個人的に早急に解決してほしいなあと思うところを書こうと思います。それは「本田圭佑問題」です。

まず今の日本代表が攻撃で手詰まりになったり相手のカウンターに蓋ができず失点したり他の選手が持ち味を発揮できなくなってるのは申し訳ないのですが本田圭佑の暴走があると思います。最近はチームにとってプラス1だけどマイナス2くらいの状態。



攻撃時に右サイドの本田が中央や左サイドまで顔を出し、そのポジションにいる選手のスペースを潰してしまっている場面がいくつもありましたね。しかも本田がいるべき右サイドのスペースには誰もいないので、結果としてボールのある場所に日本代表の選手が集中してしまい岡崎や香川や清武の使えるスペースがほとんど無くなっています。はっきり言ってしまえば邪魔なのです。

自分がなんとかしようと思ってるのか、とにかく味方の使いたいスペースを潰しにくるのでそういう場所で輝くタイプの選手は持ち味を味方に封じられるわけです。

じゃあ本田はいつもこんなことをしているのかというと、実はミランでプレイするときはこんなことしてないです。自分のポジションを保ちつつ、引いた相手を崩しにかかる場面では中央に入ったりする感じ。つまりクラブでは出来てる事が代表に来た途端やらなくなるわけですね。なんででしょう。

また、本来なら本田がいるべき場所には誰もいないので、奪われた直後のトランジションには穴が開いています。よって相手にボールを奪われた直後にそこへ運ばれるとプレスを掛けられず、結果として日本は自陣へ引くことになるわけです。なので厚みのある攻撃ができないということ。

さらにここでたまにサイドバックやボランチが本来なら本田がいるべき場所へカバーに入るので、そこで遅れると今度は中央(センターバックの前)に誰もいないという状態も発生します。なので吉田や森重が毎回難しい対応をさせられてるわけですね。


じゃあ他の選手がやったらどうなるのか。最近ここに別な選手が入ったケースがあります。日本対ブルガリアの試合で小林悠が右サイドに入りましたね。





このときは特に攻撃面で素晴らしいサッカーを展開しました。ピッチの幅を目一杯に使って横の揺さぶりをしたり、それによって相手の守備に綻びができて間のスペースも使えたり。本来ならこういうことを日本代表はやりたいのではないでしょうか。ちなみにブルガリア戦はこんな感じ。





なぜこういう攻撃ができたのかというと、清武と小林悠が特に良かったからだと思われます。両サイドの選手の質が高く、それにより中央の香川と岡崎も持ち味を発揮できていましたね。ちなみに右サイドに浅野が入った試合はめっちゃ微妙でした。


たしかに本田圭佑は日本代表で数々の結果を出してきた選手ですし、これからも必要になるときが来ると思います。ただ、日本代表を強くするためには、まずはしっかりと組織的に戦えるような布陣で臨んでほしいと思います。無理に先発フル出場させるような状態ではないかと。

©河童戦術 2014 | VeeThemes