AFCが日本代表のW杯予選予備登録メンバーを発表したとのこと。89人ほど。

AFCが日本代表のW杯予選予備登録メンバーを発表したとのこと。89人ほど。

 河童戦術:Football:
AFCが日本代表のW杯予選予備登録メンバーを発表したとのこと。89人ほど。

Football:
これまでの日本代表ではあまり記憶に無いんですが、今回AFCが89人の予備登録選手を公表したようです。


AFCがW杯予選予備登録メンバーを公表 日本は89人登録で憲剛、大久保、瀬戸の名も | ゲキサカ[講談社]

アジアサッカー連盟(AFC)は公式サイトでロシアW杯アジア最終予選の予備登録メンバーリストを公表した。日本代表は現時点で89人が予備登録されており、ハリルホジッチ監督がメンバー発表会見でバックアップメンバー入りを示唆したMF中村憲剛(川崎F)のほか、FW大久保嘉人(川崎F)、MF瀬戸貴幸(アストラ)らも名を連ねている。

日本の予備登録メンバーは以下のとおり(登録ポジションはAFCより)


元のサイトで読む

長~いのでメンバー一覧については元サイトで是非ご覧くださいませ。で、こういうのを界隈では「ラージグループ」と呼んだりします。呼び名は違うかもしれませんけど自分はこう呼んでるよってだけです。

・主力組(~11人くらい)

これは毎回日本代表に招集され、ほぼ毎回先発にいるような選手。香川とか本田とか長谷部とか吉田とか岡崎など。このメンバーを中心にやるサッカーが決まったり。

・スモールグループ(~22人くらい)

毎回のように召集されて、先発だったり控えだったりのグループ。原口だったり武藤や宇佐美や柏木や小林悠みたいな選手。

・ミドルグループ(~44人くらい)

国内キャンプだったり突然の合宿だったり誰かが怪我をしたときの代わりで呼ばれるようなグループ。丸山だったり米本や柴崎岳や斉藤学や乾みたいな選手。あとリオ五輪のオーバーエイジで選ばれた選手もここらへん。

・ラージグループ(~88人くらい)

いつもは代表に呼ばれることが無いけど協会で状態などを常にチェックしている選手。これが今回公表されて、「おっ」と思った選手は名古屋の大武峻とかFC東京の小川諒也、マリノスの喜田拓也やアストラの瀬戸貴幸、浦和の高木俊幸や新潟の指宿洋史など。


今回はこの一番広い(と思われる)ラージグループが公表されたわけです。ここに名前の無かった選手がいきなり呼ばれるってことはほぼ無いという感じかと。今までの歴代監督でこれを公表したひとがいたかはわかりませんけど記憶には無いな...というか発表が日本サッカー協会ではなくAFCなんですね。


で、今回公表された選手のなかで個人的に注目しているのは

中村航輔(柏)
岩波拓也(神戸)
車屋紳太郎(川崎F)
細貝萌(シュツットガルト)
井手口陽介(G大阪)
喜田拓也(横浜FM)
柴崎岳(鹿島)
米本拓司(FC東京)
乾貴士(エイバル)

このあたり。米本は怪我してるので置いといて、ほかの選手はいつ代表に呼ばれてもおかしくないと思っているので、ひたすらクラブで頑張ってほしいです。

©河童戦術 2014 | VeeThemes