名古屋グランパス小倉隆史GM兼監督の休養を発表。残り8試合で降格圏脱出までは勝点7差

名古屋グランパス小倉隆史GM兼監督の休養を発表。残り8試合で降格圏脱出までは勝点7差

 河童戦術:Football:
名古屋グランパス小倉隆史GM兼監督の休養を発表。残り8試合で降格圏脱出までは勝点7差

Football:
朝から各紙が報道してました名古屋グランパス小倉監督の休養についてようやく公式発表がありました。

小倉隆史GM兼監督 休養のお知らせ|ニュース|名古屋グランパス公式サイト

小倉隆史GM兼監督が8/23(火)をもって休養することが決定いたしましたので、お知らせいたします。
なお、後任としてボスコ・ジュロヴスキーアシスタントコーチが監督代行を務めます。

元のサイトで読む


で、現在名古屋グランパスは4勝7分15敗の勝点19で降格圏となる16位です。ひとつ上のヴァンフォーレ甲府まで勝点7差と結構ギリギリのところまで追い詰められてますね。

サッカーの世界では、リーグの勝点で追いつけるかどうかを予想するときに残り試合を考えて「1試合で勝点1」という計算がよくされます。グランパスは残り8試合で甲府と7差。つまり今が逆転できるかもしれない最後の分岐点とも考えられますね。

ちなみに名古屋グランパスと対戦する8チームは

FC東京 12位
アルビレックス新潟 14位
ガンバ大阪 5位
ベガルタ仙台 10位
アビスパ福岡 18位
ジュビロ磐田 13位
ヴィッセル神戸 9位
湘南ベルマーレ 17位

です。甲府との直接対決はもう終わったのですが、それ以外の下位グループの磐田や新潟や福岡や湘南との対戦は残っています。よって、本当にギリギリですがまだチャンスはあるかもしれません。ただここからチームの状態が上向かないと絶望的ですし、まあ賭けでしょう。

©河童戦術 2014 | VeeThemes