とあるサッカーチームのスタジアムDJにできたこと。

とあるサッカーチームのスタジアムDJにできたこと。

 河童戦術:Football:
とあるサッカーチームのスタジアムDJにできたこと。

Football:
そうなった理由はよくわからないのですが、なぜかマルヤス岡崎とヴァンラーレ八戸は良好な関係にあります。そしてなぜかヴァンラーレホームの試合で相手がマルヤス岡崎だと、試合前の選手紹介がBGMも用意され両チームともホーム仕様でアナウンスされます。



(左がマルヤスDJ 右がヴァンラーレDJ)


そのマルヤス岡崎のスタジアムDJをつとめられているのが「イケザえもん」さんです。試合があるときは自費で遠征しアウェイでもいろいろと面白いことをやってくれるイケザえもんですが、マルヤス岡崎対ヴァンラーレ八戸の試合後、ツイッターでこんなことを話していました。




彼はスタジアムDJという立場から、自分にできることを行動として示して試合を進行してくれた審判団に感謝の気持ちを伝えたようです。

選手や監督やスタッフなどはもちろん、審判も一緒に試合を作り上げていく一員です。たしかにいろいろと言いたいときもあるでしょうけど、そういった試合に関わった全員にリスペクトをするというのは素晴らしい行動だと思います。

そして、彼がスタジアムDJとしてできた行動があるように、試合を見ている我々にもできることはあるように感じます。もちろん選手のプレーに対してあーだこーだ言いたいときもありますし、審判の判定に納得がいかないことがあるかもしれません。

しかしサッカーの試合を作り上げていく一員として、それぞれに感謝を伝えるということは必要だと思いますし、これからもこういった行動が広まっていってほしいなあと感じます。まずは自分も試合前や終了後には、観客席やテレビの前から拍手でもって感謝を伝えようと思いました。

©河童戦術 2014 | VeeThemes