ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

リオ五輪ナイジェリア代表のボイコット騒動で高須クリニック院長が動いたぞ!

リオ五輪ナイジェリア代表のボイコット騒動で高須クリニック院長が動いたぞ!

 河童戦術:flow:Football:
リオ五輪ナイジェリア代表のボイコット騒動で高須クリニック院長が動いたぞ!

flow:Football:
リオ五輪のサッカー日本代表と初戦でナイジェリア代表は、日本戦の試合当日に現地入りするなどいろいろと騒動になっておりましたが、今回は給与や手当ての未払いにより試合をボイコットするのではないかと話題になっています。


サッカーのナイジェリア五輪代表チーム 準々決勝をボイコットへ - ライブドアニュース

しかしながら、選手と監督たちはこれに対しても強く不満を持っているようだ。手当については五輪に入ってからの11日間分しかなく、一人あたり1日150ドル(およそ1.52万円)という額。

更に1試合ごとのボーナスも支払われておらず、監督の給与も一部のみであることから、これらすべてが解消されるまで練習と試合を行わないと連盟に通告したという。実際に11日の練習についてはボイコットされたと報じられており、このまま解決の見込みがなければデンマーク戦もスキップされる可能性がある。

元のサイトで読む


脅しなのか本気なのかわからない状態ですが、このままでは本当にオリンピックの試合をボイコットする可能性もあります。そんな状況で、日本のあの方が動いたようです。




どうやらあの高須クリニック院長の高須克弥さんが、リオ五輪ナイジェリア代表の金銭的な面倒をみると申し出たそうです。




マジですでに動いているらしい!!



これによってリオ五輪サッカーナイジェリア代表へ実際に援助することができて、その結果勝ち進むことができたとしたら、もしナイジェリア代表が金メダルを勝ち取ったとしたら....本当にすごいことですね。

まあ本当にお金が無くて困っているのか、どこかの誰かが悪いことをしてあるはずのお金が無くなったのかは実際わからないわけですが....

本当に困っていて高須氏の手助けが本当に役立つ可能性もあります。ただ、これが悪しき前例となり癖になって毎回、もしくは別の国でもお金を出さないならボイコットするぞというひとつの習慣になってしまうのは怖いことでもあります。

そういった状況をしっかりと判断された上で、本当に必要なようであれば是非ともナイジェリア代表を援助していただきたいと思います。

©河童戦術 2014 | VeeThemes