ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

リオ五輪日本代表で久保裕也の代わりが鈴木武蔵なのは4-3-3で臨むためでは

リオ五輪日本代表で久保裕也の代わりが鈴木武蔵なのは4-3-3で臨むためでは

 河童戦術:Football:
リオ五輪日本代表で久保裕也の代わりが鈴木武蔵なのは4-3-3で臨むためでは

Football:
ヤングボーイズに所属しているFW久保裕也がクラブの都合で派遣を拒否されまして、代わりにバックアップメンバーとしてブラジルへ渡っている鈴木武蔵が登録されたようです。

ただ、久保と武蔵では求められる役割が違うよなあと考えていたところ、どうやらチームとしての布陣も予選とは違った形で臨むのではないかという情報が出ておりました。


ナイジェリア戦は4-3-3採用示唆 手倉森監督「変えたらすいません」 | ゲキサカ[講談社]

「一戦目の入り方はあれでいきます。耐えて守って、鋭く攻撃する。もう一つは時間を使うことができればいい。そのためのシステムを今日は試した。変えたらすいません(笑)」と4-3-3でナイジェリア戦に臨むことを示唆。

元のサイトで読む


そういえばそうでした。リオ五輪のメンバーが決まったときに書いた記事で、この布陣のことに言及していたのをすっかり忘れておりました。



このように中盤を3枚にする4-3-3という戦い方も選択肢にあるのかもしれません。それならボランチ4人もわかる気がする。

遠藤大島原川井手口を全員呼ぶとは思いませんでした | 河童戦術


というわけで、4-4-2の1.5列目という役割だった久保が外れ、一番前が主戦場の武蔵が入ったということは、このように元々多めにつれてきていたボランチ陣を使った4-3-3という形で臨む可能性が高そうですね。

4-4-2なら武蔵ではなく野津田のほうがポジションを補完(中島をFWで野津田をサイド)できたかもしれませんし。よって1.5列目(トップ下)というポジションを無くして上の画像のような形の4-3-3でもってリオ五輪を戦っていくのではないでしょうか。

まあ「変えたらすいません(笑)」と監督が言ってるように、実際は試合が始まってみないとどうなるかはわかりませんけど、野津田ではなく武蔵に決めたというのはこの布陣変更があったからではないでしょうか。

©河童戦術 2014 | VeeThemes