リオ五輪初戦の日本対ナイジェリアの感想

リオ五輪初戦の日本対ナイジェリアの感想

 河童戦術:Football:
リオ五輪初戦の日本対ナイジェリアの感想

Football:
リオオリンピック男子サッカーの初戦となる日本対ナイジェリアは、大事な大会初戦でいわゆる馬鹿試合を演じることとなり4-5というスコアで惜しくも敗戦となりました。本当はこの試合についてはスルーしようかと思っていたわけですが、とりあえず気になった点だけをまとめておきます。


1.布陣変更が裏目に


カタールでのアジア予選では布陣を4-4-2という形にして、引いて守ってからの素早いカウンター攻撃を軸に戦っていました。基本的にこれがハマったからこそアジア予選を突破しリオ五輪の切符を掴んだとも言えます。

そしてリオ五輪本大会初戦は、これまで慣れ親しんだ形ではなく4-3-3という布陣へ変更して戦いました。この変更が完全に裏目となってしまい、あちこちに穴ができてしまいましたね。


2.オーバーエイジの能力


予選を戦ってきた23歳以下の選手を追い出してまで戦力アップを見込んで召集したオーバーエイジの選手たちですが、先日の試合ではふつーでした。失点に絡んだりミスをしたりもあったわけですが、それよりも、オーバーエイジなりの経験を活かしてチームをまとめるとか難しい時間帯にどうするのか率先して示すということが無く、23歳以下の選手たちと同じように一緒になって苦しんでました。

これじゃあこれまで一緒に戦ってきた選手を外してわざわざ連れてきた意味があまりないですね。前回の吉田麻也のような働きを期待されていたわけですが、いたって普通でした。そもそも国際大会の経験が....というのは今さらですけど、それをわかって選んだわけですから、OA枠の3人にはもう少し期待に応えて欲しいと思います。



短期戦において本当に大事な初戦で負けてしまいもう後がない状態に陥ったわけですが、それでも次の試合で勝利すればまだまだ突破の可能性はあります。相当難しいミッションになるんですけど、絶対に負けられない次の試合はどうやって戦うのか。

まずは布陣をどうするかですかね。4-3-3で臨んだナイジェリア戦では本当に機能してるとは言えませんでした。いっそのことこれまで慣れ親しんできた4-4-2に戻すというのもひとつの選択肢に入ると思います。相手の戦い方に適応するってのも大事ですけど、まずはできることをやるというか、このチームに合った戦い方をおすすめします。
そして、もし4-4-2にするのであれば「連れてきたオーバーエイジを全員ベンチ」ってのも可能性としてはあります。まあ武蔵や岩波の状態が不明なのでどうなるかわかりませんが、まずは守備組織を整えて崩壊状態を修正しなくては。

そのくらい思い切った軌道修正をしないと、次の試合で予選が終わってしまう可能性も十分にあり得るほど厳しい状態に追い込まれています。ここからどうやって立て直すのか、監督の手腕に注目ですね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes