ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

【シックスポインター】もし次節の新潟対名古屋で名古屋が勝つと勝点4差になるんだよね

【シックスポインター】もし次節の新潟対名古屋で名古屋が勝つと勝点4差になるんだよね

 河童戦術:Football:
【シックスポインター】もし次節の新潟対名古屋で名古屋が勝つと勝点4差になるんだよね

Football:
先日書いたJ1リーグ残留争いの続きです。J1リーグ2NDステージ第10節が行われまして、新潟が負け、甲府が引き分け、名古屋が引き分け、湘南が負けました。これで全クラブの残り試合が「7」になっています。


27 新潟、甲府
26
25
24
23
22
21
20 名古屋
19 湘南
18
17
16 福岡


これにより降格圏の名古屋と残留ラインになっている新潟甲府とは7試合で7差という状況です。残り試合×勝点1までがギリギリ追いつける状況だとして、もうこれ以上離されると降格圏のクラブはほぼほぼ追いつくのは難しい状況になってしまいます。

そして次節(9月10日)には残留をかけた直接対決となるアルビレックス新潟対名古屋グランパスというカードが組まれています。

もしここで新潟が勝つと新潟30の名古屋20で10差となり、ほぼほぼ新潟は残留を決めることができそうです。逆に名古屋が勝つと新潟27の名古屋23で勝点は4差となり、いつひっくり返ってもおかしくない状況になります。

ちなみにサッカー界ではこういうゲームを「シックスポインター」と言います。直訳すると「勝点6を賭けた戦い」という感じ。

アルビレックス新潟が勝つと

30 新潟(勝つと10差)
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20 名古屋(負けると10差)

名古屋グランパスが勝つと

30
29
28
27 新潟(負けると4差)
26
25
24
23 名古屋(勝つと4差)
22
21
20


こうやってみると、名古屋が新潟に勝った場合は残り6試合で勝点4差となりますので全然わからなくなりますね。先日の試合では監督の代わった名古屋がまるで別のチームかのような守備組織を披露していて、いままでの状況とはだいぶ変わっていました。これまで何試合勝利がないとかはあまり関係ないかもしれません。

ここで勝てばまだ生き残る。ここで負けると名古屋は落ちる。それくらいの大事なゲームになるかもしれませんね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes