ガンバ大阪の井手口陽介には来年夏あたりの海外移籍をおすすめします

ガンバ大阪の井手口陽介には来年夏あたりの海外移籍をおすすめします

 河童戦術:Football:
ガンバ大阪の井手口陽介には来年夏あたりの海外移籍をおすすめします

Football:
リオ五輪に出場していたガンバ大阪の井手口陽介が近い将来、海外へ移籍してプレーをしたいと語っていたとのこと。


【G大阪】リオ代表・井手口、海外移籍希望「Jでは経験できない部分があった」 -リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

 G大阪のU―23日本代表MF井手口陽介(19)が、1次リーグ敗退に終わったリオ五輪で感じた世界との差を埋めるため、近い将来の海外移籍を希望した。「Jリーグでは経験できない部分があった。今のままでは無理やと思う。早く海外に行くに越したことはない。ここ(G大阪)で結果を残して、行きたい」と素直な気持ちを語った。

元のサイトで読む


というわけで、これまでの日本人選手は何歳くらいで海外へ移籍していたのかなあと思いまして少し調べてみました。


中田英寿(21歳の夏)
ベルマーレ平塚⇒ペルージャ

稲本潤一(21歳の夏)
ガンバ大阪⇒アーセナル

小野伸二(22歳の夏)
浦和レッズ⇒フェイエノールト

高原直泰(22歳の夏)
ジュビロ磐田⇒ボカジュニアーズ

長谷部誠(24歳の冬)
浦和レッズ⇒ヴォルフスブルク

内田篤人(22歳の夏)
鹿島アントラーズ⇒シャルケ

長友佑都(23歳の夏)
FC東京⇒ACチェゼーナ

香川真司(21歳の夏)
セレッソ大阪⇒ドルトムント

本田圭佑(21歳の冬)
名古屋グランパス⇒VVVフェンロー

清武弘嗣(22歳の夏)
セレッソ大阪⇒ニュルンベルク

酒井宏樹(22歳の夏)
柏レイソル⇒ハノーファー

酒井高徳(20歳の冬)
アルビレックス新潟⇒シュトゥットガルト

武藤嘉紀(22歳の夏)移籍してすぐ23歳
FC東京⇒マインツ

南野拓実(19歳の冬)移籍してすぐ20歳
セレッソ大阪⇒ザルツブルク


適当に思いついた順で調べてみたところ、Jリーグから海外へ移籍する選手の場合、高卒もしくはユース上がりの選手は21歳前後、大卒の選手は23歳前後で海外へ移籍するケースが多いように感じます。もちろん宮市や三浦カズのような例もありますけどそれはまた後で。

どれが正解というのは無いんでしょうけど、これまでの選手を見た感じですが井手口は21歳ごろの移籍が良いような気がします。17~18歳でJリーグを経験し、19~21歳までJリーグで経験を重ね、21歳の夏ごろに海外へ移籍する。というわけでまず今季は体をつくったりJリーグでしっかりと結果を出し、来年の夏あたりに海外挑戦というのはいかがでしょう。

Jリーグでも得られるものは多いと思いますし、まずはクラブでできることを頑張ってほしいと思います。そして来年あたりはどこか海外のクラブでプレーしているのも期待しています。

©河童戦術 2014 | VeeThemes