川崎フロンターレの小林悠が試合終了間際に決めたゴールはオフサイドっぽい

川崎フロンターレの小林悠が試合終了間際に決めたゴールはオフサイドっぽい

 河童戦術:Football:
川崎フロンターレの小林悠が試合終了間際に決めたゴールはオフサイドっぽい

Football:
J1リーグ2ndステージ第3節の川崎フロンターレ対アルビレックス新潟の試合は後半アディショナルタイムで川崎が逆転し3-2で勝利しました。そのラストワンプレーで得点が決まった川崎のゴールがオフサイドだったのではないかと話題に。





この場面なんですが、ゴールを決めた小林がたしかにオフサイドポジションっぽいですね。ラストパスを出したのはネットだと思いますけど、彼が触った時点で相手守備陣の後ろにいます。





やっぱりオフサイドっぽいぞこれは....そして副審の位置がおかしいというか、状況に追いつけてないです。ロングカウンターで間に合わないというわけではなく、川崎が新潟を押し込んでの左右の揺さぶりからのゴールですから、ちょっと副審の動きが遅れた感じですかね。


ちなみにもしも川崎の選手ではなく新潟の選手に当たって小林悠にボールがわたった場合はオフサイドになりません。映像を見る限りではネットが触ってるのがわかりますけど、瞬時にどっちの選手が触って小林にわたったのかを判断するのは難しいですよね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes