ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

サンスポが槙野退場で「この反則は原則として警告とすることになっていたがレッドカードが出された」

サンスポが槙野退場で「この反則は原則として警告とすることになっていたがレッドカードが出された」

 河童戦術::
サンスポが槙野退場で「この反則は原則として警告とすることになっていたがレッドカードが出された」

こういうニュースメディアを信用してしまうひとも少なからずいるのではないでしょうか。先日の福岡対浦和の試合で槙野が一発退場になった場面についてサンスポさんが意味不明な記事を掲載しています。


明治安田J1第2ステージ第1節(2日、福岡1-2浦和、レベス)DF槙野が前半22分に「決定的な得点機会阻止」の反則で一発退場。第2ステージから導入の新ルールでは、この反則は原則として警告とすることになっていたが、レッドカードが出された。槙野によると、池内主審から「足でいっていたらイエローでした」と説明があったという。体で当たったため退場ということだが、槙野は「ちょっと厳しい。黄色か赤か。これからも問題は起こる」と話した。

新ルールに困惑…浦和・槙野「決定的な得点機会阻止」で一発退場 - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)


槙野のコメントも添えてまるで主審の判断が間違っていたかのように記事を書いてますね。なんだこりゃwww


ちなみにこの件に関してはこのブログでも取り上げましたが、やっぱりまだまだ新ルールの意味が浸透していないようなのでもう一度書いておきます。くだいてわかりやすく説明すると「決定的な得点機会をペナルティエリア内で阻止してPKになったとき」

・相手を押さえたり引っぱったり押す反則をしたら退場

・ボールにプレーしなかったりボールに届かないのに相手選手に反則したら退場

・エリア関係なく一発退場になるようなことをしたら退場

・ゴールに入りそうなボールを手で止めたら退場

・ボールに届きそうで足を伸ばしたら相手にも当たって倒れてしまったら警告

ということです。ボールを正当に奪おうとした結果相手も倒しちゃったような場合は警告で済むようになったということ。つまりサンスポも槙野も間違っていて主審が正しい判定をしたわけです。





サンスポさんにも書いてありますけど「足でいっていたらイエローでした」ということです。ボールに対して足を伸ばしてスライディングした結果、相手ごと刈ったとかならおそらく警告+PK止まりでした。しかし槙野はボールにいくのではなく相手選手を倒しにいってますね。これは今まで通り「退場+PK+出場停止」で変わらず。





サンスポさん。この反則は原則として警告とすることになっていません。まさかメディア側の人間がルールを勉強してないとは思えないんですけど、なんであんな記事が世に出るんですかねえ。

©河童戦術 2014 | VeeThemes