ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

競技規則の改正でキックオフはどの方向へ蹴っても良くなりました

競技規則の改正でキックオフはどの方向へ蹴っても良くなりました

 河童戦術::
競技規則の改正でキックオフはどの方向へ蹴っても良くなりました

2016-2017の競技規則が改正となり新ルールが6月1日から施行となっていてJリーグは7月から新しいルールでもって試合が行われることになりました。そしてJ1は7月2日の試合から新ルールが適用になっています。





そのなかで鹿島対ガンバの試合で早速あたらしいルールでのプレーがありましたので取り上げます。それはキックオフの開始方法。


2.キックオフはどの方向に蹴っても良い
従来の記述:ボールは、けられて前方に移動したときインプレーとなる

新ルール:キックオフの際、ボールはどの方向に蹴っても良い

 これまではセンターサークル内に2人以上が入り、前方に軽く蹴り出してインプレーとなるケースがほとんどだった。しかし、新ルールのもとではキックオフ時にバックパスをすることが可能になったため、1人だけがセンターサークルに入り、バックパスからインプレーとなるケースも見られるようになるかもしれない。

キックオフは前に蹴らなくてもOK。大きく変わるサッカーのルール。変更点を10のポイントで解説 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


ちなみに先に始まった甲府対神戸のキックオフでは





これまで通り、2人がサークル内でキックオフをしてました。一方鹿島アントラーズ対ガンバ大阪の試合で鹿島は





このようにひとりで試合を開始させています。今までは「前に」蹴りださないと駄目だったんですけど、これからは全方向に蹴れるためひとりでよくなったというわけですね。このほかにもいろいろと規則が変わったのですが、まずはこのキックオフの始め方を紹介しました。

©河童戦術 2014 | VeeThemes