スプリント回数ランキングで唯一2ndステージの数字でランクインしたのは横浜Fマリノスのマルティノス

スプリント回数ランキングで唯一2ndステージの数字でランクインしたのは横浜Fマリノスのマルティノス

 河童戦術:Football:
スプリント回数ランキングで唯一2ndステージの数字でランクインしたのは横浜Fマリノスのマルティノス

Football:
先日ツイッターで話題にしたJ1の走行距離ランキングですが、何回見ても笑えてくるというかアルビレックス新潟の加藤大が20位中11の順位を占領している状態です。




そんなJ1の走行距離ランキングを見ていて気がついたことがあります。セカンドステージの数字がひとつもランクインしてないですね。あの加藤選手ですら20位以内にも入れてないとは。

これはやはり日本の気候が影響しているものと思われます。この暑さではさすがに走る距離が少なくなってしまうのでは。だったら1stステージと2ndステージで分けたらいいのではないかとも思うんですが、それよりも加藤大はもう殿堂入りということにして別枠としてそれ以外の選手を載せるなど工夫をしないと、さらに加藤大が増殖していく可能性もあります。もう加藤大がどれだけ走ったのかランキングになるのも時間の問題か。



で、本題。この走行距離ランキングとスプリント回数データは1stステージ17試合と2ndステージ3試合の結果を反映して20位までのランキングしているのですが、2ndステージで出した数字が現在のところひとつしかありません。

夏場にさしかかり暑さのため走れる距離が減り走れる回数が減っていくなかで、1stステージよりも高い数字を出した選手がひとりだけいるということ。それは。

横浜Fマリノスのマルティノス選手が2nd第2節で記録したスプリント回数39(11位)という数字です。走りやすい気候の1stステージの記録をこの時期に超える走りを日本初年度にしてやってくれるとは。この暑さ、この湿度のなか日本人よりも走るキュラソー代表マルティノス。半端ない。


トラッキングデータスプリント回数ランキング
http://www.jleague.jp/stats/sprint.html

©河童戦術 2014 | VeeThemes