セレッソ大阪の柿谷曜一朗が決めたゴールはどこが凄いのか

セレッソ大阪の柿谷曜一朗が決めたゴールはどこが凄いのか

 河童戦術:Football:
セレッソ大阪の柿谷曜一朗が決めたゴールはどこが凄いのか

Football:


セレッソ大阪対カマタマーレ讃岐の試合で柿谷曜一朗がまた変態ゴールを決めたわけですが、どの部分が凄かったのかを見てみます。





突然のこぼれ球に誰よりも速く反応しています。まずこれが凄い。





次にそのこぼれ球に対して一番速く触って相手のいない場所へ運びます。これが1タッチ目。そしてこの時点でシュートというのが一番の選択肢になっています。





先ほどの1タッチ目で相手がいない場所へ運んだことでほんの少しだけ時間を作りました。そしてこの時点で一度顔を上げて状況を確認しています。ボールとゴールの間にいるDFの状況を確認。そしてゴールの位置。これはわりと見なくても大体ここらへんというのはわかったりするものですが。そしてGKの状況。最初のタッチからのほんの少しの時間で顔を上げて周りをこの時点で確認していましたね。





ここから2回ほどチョンチョンとボールに触って右へステップして相手をかわします。そのボールタッチからシュートまでの時間が滅茶苦茶速い。ほんと宇佐美もそれが速くて変態レベルなわけですが柿谷も相当速い。





そして強烈なシュートを二アサイド(近いほう)の上ギリギリにGKが届かない速さで蹴りました。ちなみにステップは少し後ろに下がっています。普通はあのように後ろへ戻してからの二アサイドへシュートというのは威力が落ちるものなんですけどね。腰の入り方がエグい。あのステップからのシュートでこの威力・このコース・このタイミング。まあ変態としか言いようがないですね。



©河童戦術 2014 | VeeThemes