ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

浦和レッズMF阿部勇樹がプレー中にいきなりボールを抱えてハンドをとられる

浦和レッズMF阿部勇樹がプレー中にいきなりボールを抱えてハンドをとられる

 河童戦術:Football:
浦和レッズMF阿部勇樹がプレー中にいきなりボールを抱えてハンドをとられる

Football:
J1リーグ第13節(延期分)浦和レッズ対FC東京でこんな場面がありました。阿部ちゃんがやっちゃいましたね。


まず柏木がコーナーキックを蹴ります。





画面が切れていて正確な状況を把握できないので仮定になりますが、柏木がオフサイドポジションにいたという前提でのお話です。





柏木が蹴ったボールは跳ね返されます。これで東京か浦和かどちらの選手が触ったのかが大事なんです。





そのボールが柏木の元へ返ります。もし浦和の選手が触ってればオフサイド。東京の選手が跳ね返しただけなら問題なしです。ここで画面には映ってませんがおそらく副審がフラッグを上げました。





柏木がクロスをもう一度あげるのですが、ここで主審が両手を振って「オフサイドではないよ」と示していますね。この場合は副審がフラッグを上げてオフサイドアピールしていても基本的に主審のほうが優先なのでオフサイドにはなりません。





で、そのボールを逆サイドで受けた阿部は副審のフラッグが見えていたらしく、笛が鳴ってないのにボールを持ってしまいます。もちろんハンドの反則をとられました。





まあ観客の声援が大きくて笛が聞こえないというときもありますが、基本的には主審の笛によって判断をしないといけません。たとえ副審がフラッグを上げていてもね...

©河童戦術 2014 | VeeThemes