ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

川崎フロンターレは後半31分~試合終了までの得点がリーグ最多

川崎フロンターレは後半31分~試合終了までの得点がリーグ最多

 河童戦術::
川崎フロンターレは後半31分~試合終了までの得点がリーグ最多

川崎フロンターレと大宮アルディージャの数字あれこれを調べてみました。ただの数字ですのでファーストステージ最終節へむけた数字のお遊びだと思っていただければ。





過去のリーグ戦での対戦成績は川崎の12勝4分6敗。過去22回の対戦でスコアレスドロー(0-0)は一度しかありません。結構点がはいるカードですね。


現在の順位

川崎 2位 10勝5分1敗
大宮 5位 7勝5分4敗

川崎のホーム戦績は4勝3分1敗
大宮のアウェイ戦績は6勝0分2敗

前半スコアだけの戦績は
川崎は3勝11分2敗(12得点10失点)
大宮は4勝7分5敗(5得点6失点)

後半スコアだけの戦績は
川崎は10勝5分1敗(19得点5失点)
大宮は6勝6分4敗(12得点10失点)


得点について

川崎フロンターレはこれまでリーグ最多の31得点をあげていますが、そのうち後半31分~試合終了までの時間帯で11得点(全体の36%)を決めています。だいたい他クラブの2倍くらいです。また後半ATに3得点していてこれはJ1最多タイです。

大宮アルディージャはこれまで17得点していますが、そのうち71%となる12得点を後半に決めています。なお、前半16分~前半30分の時間帯では1点も決まっていません。


失点について

川崎フロンターレはこれまで15失点していますが、後半よりも前半の失点が2倍多くなっています。前半を無失点で切り抜けれるとかなり勝利が近づきそうです。

大宮アルディージャはこれまで16失点していますが、そのうち後半16分~試合終了までの30分間で9失点(全体の56%)しています。川崎がいちばん得点を取る時間帯にいちばん失点が多い大宮。まずいですねえ。


ファーストステージ優勝条件

川崎勝利 鹿島敗北で優勝
川崎引分 鹿島敗北で優勝(※)
川崎敗北 優勝は無理

(※)実は川崎引分鹿島敗北でも鹿島優勝のケースはありますけど現実的ではないのでこれでお願いします。


後半スコアでは1位の川崎ですが、前半スコアでは11位となっていて同点で後半を迎えることが多くなっています。ただ大宮も前半はおとなしめなスコアが多く、後半で試合を動かしています。

いろいろとフラグがたち前節までは1位だったのに最下位と引分けて首位転落。無冠帝とかサカダイ優勝記念号とかいろいろありましたけど、最終節でどうなるか。

©河童戦術 2014 | VeeThemes