サッカーダイジェストの記事がホント意味わからないというかもはや素人の感想文

サッカーダイジェストの記事がホント意味わからないというかもはや素人の感想文

 河童戦術:Football:
サッカーダイジェストの記事がホント意味わからないというかもはや素人の感想文

Football:
先日このブログでも取り上げたFC東京対アルビレックス新潟の試合でおきた間接フリーキックの場面についてサカダイが記事を公開しているのですが、その内容があまりにも稚拙で何を言いたいのかさっぱりわかりません。


まずその場面については以下を参考に。


『キーパーは6秒を超えて、ボールを手で保持してはならない。』というルールがGKにはあります。

FC東京対アルビレックス新潟での間接フリーキックについて | 河童戦術


この場面についてサカダイは以下のように書いていました。


一瞬目を疑いたくなるような光景だったが、ゴールの判定。「してやったり」と喜ぶ新潟イレブンに対し、FC東京側は審判へ猛抗議したが、判定は覆らなかった。

 反則と見なされたのはGKが6秒以上ボールを保持していた、いわゆる「6秒ルール」。実際秋元は、一度ボールを蹴ろうと見せかけてその動作を止めており、6秒に達していた可能性は高い。当の本人は試合後、「自分の不注意だった」とも述べている。

 FC東京側にとって腑に落ちなかったのは、むしろ、そのあとのリスタートに対する措置だったに違いない。

 競技規則によると、間接FKの場合はレフェリーのホイッスルで再開しなければならない義務はなく、笛が鳴らなくてもリスタートは可能だ。つまり、これも「規則通り」ということになる。

 そうとは言っても、守備体制が整っていない“ノーガード”に近い状態でリスタートさせるのには、やはり違和感が拭えない。そもそも、このルールがなぜ成り立っているのかは定かではないが、審判のルールに詳しい石井紘人氏は、「近年、攻撃側に有利に働くようなルール改正が進んでいる背景も多少絡んでいるのでは」との見解を示している。

 いずれにせよ、この試合を観ていた大半の人々(特にFC東京サポーター)が不可解だと感じていたのは試合後、審判団に大ブーイングが浴びせられた事実からも明らかだった。

FC東京対新潟戦で生まれた妙な先制点。守備側へ不利に働くルールの“なぜ” | サッカーダイジェストWeb


「それ、あなたの感想ですよね。」で終わらせるにはもったいないのでひとつひとつ掘り返してみようと思います。


『一瞬目を疑いたくなるような光景だったが、ゴールの判定。「してやったり」と喜ぶ新潟イレブンに対し、FC東京側は審判へ猛抗議したが、判定は覆らなかった。』

こんなので目を疑うんですか。たしかにトップリーグでは珍しいですけどちょいちょいありますよ。しかも明らかに東京寄りに書いてるのはなんでだ。


『反則と見なされたのはGKが6秒以上ボールを保持していた、いわゆる「6秒ルール」。実際秋元は、一度ボールを蹴ろうと見せかけてその動作を止めており、6秒に達していた可能性は高い。当の本人は試合後、「自分の不注意だった」とも述べている。』

6秒に達していた可能性は高いというか画面の時計で約15秒くらい持ってたわけですから可能性が高いどころか真っ黒じゃないですか意味わからん。


『FC東京側にとって腑に落ちなかったのは、むしろ、そのあとのリスタートに対する措置だったに違いない。競技規則によると、間接FKの場合はレフェリーのホイッスルで再開しなければならない義務はなく、笛が鳴らなくてもリスタートは可能だ。つまり、これも「規則通り」ということになる。』

規則通りなのに腑に落ちないって文句があるならIFABが作成したLaws of the Gameに文句言えばいいじゃないですか。腑に落ちろ。


『そうとは言っても、守備体制が整っていない“ノーガード”に近い状態でリスタートさせるのには、やはり違和感が拭えない。そもそも、このルールがなぜ成り立っているのかは定かではないが、審判のルールに詳しい石井紘人氏は、「近年、攻撃側に有利に働くようなルール改正が進んでいる背景も多少絡んでいるのでは」との見解を示している。』

違和感なんて拭ってしまえ。世界中このルールなんだし。そして石井紘人さんの名前を出してまるでこの意見に同意しているかのような書き方をしてますけど、その方は自身のサイトでこのプレーについて見解を出しています。

アルビレックス新潟のクイックリスタートの前に主審は【規定の距離を下げた】り、【イエローカードやレッドカードの掲示】をしておらず、笛で再開するというジェスチャーもなかった。つまり、【笛を吹く必要はない】。アルビレックス新潟のクイックリスタートが認められる条件はそろっていた。リスタートに問題はなく、むしろ競技規則に対する認識不足が招いた失点といえる。

【無料記事/審判批評:ルール解説】アルビレックス新潟の先制点はFC東京GK秋元のミス?荒木主審? : 石井紘人のFootball Referee Jurnal


『いずれにせよ、この試合を観ていた大半の人々(特にFC東京サポーター)が不可解だと感じていたのは試合後、審判団に大ブーイングが浴びせられた事実からも明らかだった。』

いずれにせよってなんだ。明らかに自分がこのルールを理解してなくてFC東京寄りに記事を書いて同意を求めてるだけに見えるんですけど。というか青赤さん界隈でもこの判定が不可解だーゴシンガーって言ってる人ほとんど見ないんですけど。


サッカー専門誌がこのレベルまで落ちてるとは....もちろん他のライターさんはマトモな人が多いんでしょうけど、それでもこういう記事でも「サッカーダイジェスト」という看板を背負って公開されているわけですから、もう少し記事の内容を考えてほしいと思います。

©河童戦術 2014 | VeeThemes