コンサドーレ札幌のカウンター攻撃が美しすぎる

コンサドーレ札幌のカウンター攻撃が美しすぎる

 河童戦術:Football:
コンサドーレ札幌のカウンター攻撃が美しすぎる

Football:
J2リーグ第18節のコンサドーレ札幌対ヴィファーレン長崎の試合で1-1の同点に追いついた札幌のカウンターがかなり綺麗な展開でした。そのひとつ前の追い込みから。





コンサドーレは敵陣からどんどん前にプレスをかける戦い方ではなくて、一度自陣に戻って全員で守備をしてから奪った直後に一斉に前進するタイプです。





このようにパスコースを消しながらどんどんと追い込んで行って相手に苦し紛れのパスを出させるような守備をしているんですけど本当にうまいですね。





最前線の都倉もサボることなくチームが連動して相手の自由を奪うように守備が機能しています。こうなると長崎は安全なパスコースが無くなりプレッシャーをかけられている状況でリスクのある縦パスを入れることになります。





そしてその苦し紛れの縦パスを守備陣が狙っていて、入れ替わるように奪いそのままカウンターを仕掛けます。





前線からの守備で相手にこういうパスを出させるように追い込んでからのパスカット。これが本当にうまいですね。チームとして何度も練習をして形にできているのではないでしょうか。





パスカットで入れ替わり数的優位になったところで味方が一斉にあがり迫力あるカウンター攻撃を展開します。守りながら攻めている。という言葉がピッタリ。





完璧にはまりましたね。ちなみにこのあとの逆転ゴールでも綺麗なカウンター攻撃からゴールを奪いました。この前線からの連動した守備と奪った直後の切り替え場面での対応、ゴール前での落ち着きなどなど。いま札幌が好調を維持し順位を保っているのはまさにこのカウンター攻撃が要になっていると思います。




©河童戦術 2014 | VeeThemes