ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

局面を切り取る連載その1:自陣でのビルドアップ

局面を切り取る連載その1:自陣でのビルドアップ

 河童戦術:39ft:
局面を切り取る連載その1:自陣でのビルドアップ

39ft:
自分がサッカーの試合をどのように見ているのかというのを再確認するためでもあるのでやってみます。一応今回のは連載として考えているのですが気力が持つかわかりません。それでもできる限りは続けてみたいと思います。最初は「自陣でのビルドアップ」です。





この低い位置からの組み立てを説明していきます。まず最初に自分は「チームのスタイル」を頭に入れておきます。このチームはどうやってボールを前進させたいのか。柏レイソルであればボールを捨てずに勇気を持ってパスを繋いで相手のプレッシャーをかわしていくスタイルだと思っていて、そのイメージでプレイできているかを見ます。





まず自分が見るのは攻撃と守備の人数。最近はこの最終ライン3枚に対して3枚でプレッシャーをかけるチームを見かけるのですがアビスパは1枚でした。よって両サイドのCBはフリーになりやすい状況です。その分アビスパの後ろのほうは数的に優位ではありますが。





ここから柏レイソルはプレッシャーをかけられても繋いでいきます。もちろん奪われたときは自分のゴールが近いのでピンチになります。けどここでボールを捨てる(相手陣地にクリアする)と相手に攻撃のチャンスを多く与えることになりますね。相手の守備技術と自分たちの展開する技術を天秤にかけて勝っているならチャレンジです。





繋いでボールを前進させるときに注目するのはスペースです。ボールを持っている選手に対して距離をつめてプレッシャーをかけるということは、その選手が今までいた場所は空白になるということ。相手が動いているように見えて実際はレイソルがポジション取りとパスによってアビスパの選手を動かしてスペースを作ってるともいえますね。





アビスパはどうプレッシャーをかけてもこれではフリーの選手が残ります。やるなら数的同数(最終ラインが3人なら最前列も3人)で追い込めばもっと違ったのかもしれませんけど、レイソルがワンタッチでどんどんパスを回すのでアビスパはボールの奪いどころを決めきれてませんね。











アビスパはなんとか追い込もうとするのですがレイソルがことごとく空いたスペースにポジションを取ってパスを受けてまた捌いてポジションを取り直して・・・という繰り返しなのでどこで追い込めるか掴めず困ってます。こういうときは諦めて自陣に戻って守備陣形を固めちゃうってのもありだと思います。無理なものは無理。





一連のビルドアップによってアビスパの選手は右サイド(レイソルの左サイド)へ全体的に寄ってますね。こういうときは逆のサイドを使います。そっちはかなり空いているので。





このように片方のサイドを使っていて急にサイドチェンジをすると守備側には「スライド」という作業が発生します。簡単にいうと横移動ですね。そのときに問題になるのが「ズレ」です。移動している間に隣の選手との間隔が空いてしまったり(空くとそれはスペースとなって相手に使われる)元に戻らなかったりもします。当たり前の話ですけど人よりもボールのほうが足が速いので素早いサイドチェンジというのは効果的です。







ちょっと話が進みすぎました。自分が注目して見るのは「最終ラインの人数は・相手の最前線の人数は」「ボールを繋ぐのか・前線に蹴るのか」「どのようにボールを前進させるのか」などです。

勇気を持って繋いで前進させると相手を押し下げて自分たちのゴールから遠ざけることができますしボールを保持していないともちろんゴールは奪えません。しかし失敗すると自分たちのゴールはすぐそこなので即失点のリスクがあります。

安全策でボールを相手陣地に蹴ると自分たちの最終ラインを上げて相手を自分たちのゴールから遠ざけることができますが高い確率で相手にボールを奪われ攻撃のチャンスを与えることになります。また自陣に押し込められる可能性も上がります。

どちらが正解というわけではなくチームのスタイルだと思います。相手のプレッシャーに対して繋ぐ技術が足りないのに無理やり繋ごうとしても無謀なだけです。あのバイエルンだってここで失敗すると即失点したりしてます。

今回の「自陣でのビルドアップ」はここまでです。次回は「相手陣地でのビルドアップ」を予定しています。

©河童戦術 2014 | VeeThemes