鹿島アントラーズは今季J1で後半31分~試合終了までの時間帯に一度も失点していない

鹿島アントラーズは今季J1で後半31分~試合終了までの時間帯に一度も失点していない

 河童戦術::
鹿島アントラーズは今季J1で後半31分~試合終了までの時間帯に一度も失点していない

鹿島アントラーズとアビスパ福岡の数字あれこれを調べてみました。ただの数字ですのでファーストステージ最終節へむけた数字のお遊びだと思っていただければ。





過去のリーグ戦での対戦成績は鹿島の3勝1敗。前回2011年の対戦では6-0と鹿島が圧倒しています。


現在の順位

鹿島 1位 11勝3分2敗
福岡 18位 2勝5分9敗

鹿島のホーム戦績は6勝0分1敗
福岡のアウェイ戦績は1勝2分5敗

前半スコアだけの戦績は
鹿島は5勝9分2敗(9得点5失点)
福岡は3勝5分8敗(5得点12失点)

後半スコアだけの戦績は
鹿島は8勝7分1敗(18得点5失点)
福岡は2勝7分7敗(6得点11失点)


得点について

鹿島アントラーズは今季27得点していますがそのうち18点を後半に決めています。前半と比べ2倍で、一番得点の多い時間帯は後半開始~後半15分までの8得点(全体の30%)です。

アビスパ福岡は今季11得点しています。一番得点の多い時間帯は試合開始~前半15分までの4得点(全体の36%)です。


失点について

鹿島アントラーズは今季10失点していますが76分~90分(試合終了)までの失点が「ゼロ」です。よく「鹿島る」という言葉を耳にすることがありますが、本当に後半31分を過ぎると今季一度も失点していません。そして今季は16試合のうち8試合がクリーンシート(無失点試合)です。

アビスパ福岡は今季23失点しています。このなかで前半30分~前半終了までと後半開始~後半15分までの30分間で11失点(全体の48%)しています。気をつけないといけない時間帯で見事に失点していますね。


ファーストステージ優勝条件

鹿島勝利 優勝
鹿島引分 川崎が引分以下で優勝
鹿島敗北 川崎が敗北で優勝


いろいろ数字を調べたのですが鹿島アントラーズにとって不利になるような数字を見つけることができませんでした。強いて言えば前節首位だった川崎と引き分けたことくらい。どうせなら最後までリーグテーブルを最下位から荒らすという意地を見てみたい気もします。

©河童戦術 2014 | VeeThemes