ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

日本代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の酒井高徳はかなり良かった

日本代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の酒井高徳はかなり良かった

 河童戦術:Football:
日本代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の酒井高徳はかなり良かった

Football:
日本代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の試合を見ていたところ酒井高徳のいい動きがありました。これはクラブではチームによって約束事があると思いますけど、高徳の守り方は良かったと感じました。





この場面なんですが日本代表がボールを失ったところから相手に攻められる展開です。





ここで日本代表のボランチはポジションに戻りきれておらず、ピンチになりそうですね。しかもここでボールに対してプレッシャーをかけようとしてCBとボランチの間に大きなスペースができています。しかもボスニアはフリーの味方へパスを出しましたね。もしこのパスが通りボールにプレッシャーがかからない状態になったとしたら日本の最終ラインはとにかく失点を防ぐために下がるしかありません。





もしこのボスニアの攻撃がうまくいけばボスニア右サイドにフリーの選手ができて前には大きなスペースが空いてしまう状態。しかしここで日本代表は右サイドバックの酒井高徳が自分のポジションを捨てて中に絞ってきます。





この酒井高徳の判断により日本代表はピンチを未然に防ぐことができました。このボランチが2人とも上がってCBの前に大きなスペースができてしまうというのは前からよくあったのですが、このようにサイドバックがフォローしてくれると相手の攻撃を遅らせることができます。





この場面では酒井高徳のところでボールを奪うことが出来てピンチにはなりませんでした。もし高徳が最終ラインへ戻ろうとしていたら日本の左サイドを使われゴール前まで運ばれていた可能性が高い場面。まあなんでボランチがそこ空けちゃうのとかはあるんですけど、この酒井高徳の守備は素晴らしかったなあと思います。

現状の日本代表右サイドバックは、高さという点では酒井宏樹が上ですがトータルで考えたときには酒井高徳がファーストチョイスになっても不思議ではないと感じます。もし内田が復帰してきたときには高徳を左で使うというチョイスもできますし。

正直いままでそれほど評価は高くなかったのですが、この試合で高徳は自分が何をできるのか示すことができたのではないでしょうか。

©河童戦術 2014 | VeeThemes