ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

今季のJ1リーグはどのくらいゴールが決まっているのか

今季のJ1リーグはどのくらいゴールが決まっているのか

 河童戦術:Football:
今季のJ1リーグはどのくらいゴールが決まっているのか

Football:
まず欧州のリーグは1試合でどのくらいゴールが決まっているのかを比較対象として調べてみます。

計算の仕方ですが(総得点数)÷(試合数)=平均ゴール数で試合数は(チーム数-1)×2×(チーム数÷2)ですね。

ブンデスリーガを例にすると2.84というのが15-16シーズンで1試合に決まった平均のゴール数になります。これを他のリーグの数字にもあてはめてみると

ブンデス 2.84
スペイン 2.74
プレミア 2.70
セリエA 2.58

となりました。まあだいたいこのあたりの数字に落ち着くようです。ではJリーグはどのくらいなのかを調べてみたところ第15節(浦和と東京は14)134試合で325ゴールが決まり1試合平均のゴール数は「2.43」でした。内訳を現在の順位で並べると


川 崎 29 13 2.80
鹿 島 25 09 2.27
浦 和 18 09 1.93
大 宮 16 15 2.07
広 島 25 16 2.73
ガンバ 18 15 2.20
 柏  18 19 2.47
横 浜 20 17 2.47
神 戸 21 20 2.73
仙 台 18 21 2.60
磐 田 18 22 2.67
東 京 12 14 1.86
名古屋 20 25 3.00
甲 府 17 26 2.87
鳥 栖 08 13 1.40
新 潟 17 24 2.73
湘 南 16 26 2.80
福 岡 09 21 2.00


このようになっています。これを得点+失点で並べ替えると


名古屋 20 25 3.00
甲 府 17 26 2.87
川 崎 29 13 2.80
湘 南 16 26 2.80
広 島 25 16 2.73
神 戸 21 20 2.73
新 潟 17 24 2.73
磐 田 18 22 2.67
仙 台 18 21 2.60
 柏  18 19 2.47
横 浜 20 17 2.47
鹿 島 25 09 2.27
ガンバ 18 15 2.20
大 宮 16 15 2.07
福 岡 09 21 2.00
浦 和 18 09 1.93
東 京 12 14 1.86
鳥 栖 08 13 1.40


名古屋が1位に。まあ簡単にいうと上に行くほど馬鹿率が高いということです。馬鹿というのは良い意味です。そして下に行くほど塩分が高いということ。塩というのは元々プロレス用語らしく、とあるレスラーが「しょっぱい試合ですみません」と言ったことから来てるらしい。まあ簡単に言うと見てる人が盛り上がらないってことのたとえです。

勝ったり自分が応援しているクラブが得点を決めるとうれしいですし、負けたり失点すると悔しいでしょう。そういう感情の起伏が大きい試合になる確率の高いチームが名古屋であり、なんとも言えない試合になることが多いのは東京や鳥栖とも言えます。

もちろん試合はゴールのみを見るわけではなく、局面ごとの展開や形勢を見るのも楽しみのひとつです。ただ、やっぱりゴールという目に見える形で試合が動くと盛り上がりも大きいでしょう。

0-0の渋い試合を腕組んで「う~ん」とか言いながら語るのも否定はしません。けどイタリアの衰退などを見ていると、Jリーグではどうしてもこのゴールで試合が動くという展開をたくさん見たいと感じます。

とりあえず浦和と東京と鳥栖にはこの数字で2.0を超えるような試合展開を期待したいです。もちろんやってることは理解してますし大事なのは勝利です。ただサッカーはやっぱりゴールが決まらないとね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes