前園真聖さんの言ってることが微塵も同意できないし理解もできない件

前園真聖さんの言ってることが微塵も同意できないし理解もできない件

 河童戦術:Football:
前園真聖さんの言ってることが微塵も同意できないし理解もできない件

Football:
この話題はもう落ち着いたものだとてっきり思っていたのですが、元日本代表の前園真聖さんがまだ何か言いたがっているようなので、せっかくですから徹底的に反論してみようと思います。


74分、宇佐美貴史に代わって出場した小林祐希は積極的にボールによってプレーしようとしていました。そのため、左サイドを開けて中央に寄り、途中で長谷部誠からもっと左に寄るように指示を出される場面もありました。

これがチームプレーの指示を無視したのではないかという推測を生んで、わがままなプレーではないかと議論になっているようです。こんな話が出てくるたびに、僕は「だから日本はまだまだなんじゃないか」という暗い気持になってしまいます。

残り15分でピッチに立った小林祐希はサイドに張り付いてもパスが廻ってこないと判断したのでしょう。そして積極的にポジションを動かし、プレーに関わろうとしたのです。だから前線にパスを供給し、シュートも放っています。

それに小林祐希はアピールしなければならない立場の選手でした。監督やキャプテンの言うことを忠実にできたとしても、それでは不十分。そこにプラスアルファしなければ、代表チームには残れないのです。

自分が初めて日本代表に呼ばれたときも、自分は必死でアピールして、それを先輩たちがフォローしてくれました。今回もきっとそうだと思います。

昔を考えてみると、本田圭佑が中村俊輔にFKを蹴らせろと直訴したこともありました。中田英寿も先輩たちに物怖じせず物申していました。こういう選手がもっと出てこないと、日本のサッカーは発展しないと思います。

ポジションを守らない日本代表の小林祐希はわがまま? 前園真聖氏の見解は - ライブドアニュース


まず、自分が小林祐希についてどういう印象を持っているのかですけど、彼が中央のポジションを与えられたときについては記事を書いています。


小林祐希は攻撃のとき組み立てをしながらスペースを見つけるとどんどん侵入していってチャンスをつくります。またビルドアップでは何度も動きなおしながらスペースを見つけて侵入しパスを受けて捌いてまたスペースへ動くという感じで本当に素晴らしいと思います。さらに点を決めれてアシストもできる。

ジュビロ磐田の小林祐希はいいぞ | 河童戦術


彼を取り上げ記事にしていました。その後小林祐希は日本代表へ召集されたわけですが、一方で別の試合についてはこんなことも書いています。


彼が中央で使われたときに比べてサイドで起用されたときの不器用さについても触れていました。真ん中では活き活きしているのにサイドで使うと途端におとなしくなる。つまりポリバレント性(複数のポジションでも活躍できる多様性)が彼には無いということが素人にもわかるくらいの選手だということ。

そういうことをハリルホジッチ監督ももちろん理解しているでしょう。それなのにあえてあの時間、あのポジションで使ったということを前園さんは考えているのでしょうか。

もしもボスニア戦がなにかの大会で大事な一戦であの時間に小林を使う状況だったとしたら。おそらくハリルホジッチ監督は清武をサイドに移動させ小林を中央に入れたのではないでしょうか。それがあの状況ではいちばんバランスが取れていたと思います。そもそもそういう試合なら浅野はフル出場して無いでしょうしメンバーも大きく変わっていたかもしれませんけどね。

つまり、ハリルホジッチ監督は彼の特徴を把握し、それでもあえてサイドで起用したわけです。それで中央に問題があるなら別の選手入れるなどして修正するでしょう。少なくともあの試合でそれを小林には求めていません。サイドを捨てて中央でゲームを作れと送り出したわけではなく、あの時間にサイドでポジションを取り、ボスニア守備陣の狭い裏を狙えという指示で送り出しました。

自分にもまだ見えてませんが、小林にはそういう状況を打開できる武器があってハリルホジッチ監督には見えているのかもしれません。磐田のサポでもほとんどのひとが彼は中央で活きる選手だと思っているでしょう。けど、彼にはまだ我々には見えていない世界レベルでも負けない武器があるんだと思います。

原口をいきなりボランチで使ったハリルホジッチ監督には、我々には見えていない彼の素晴らしい能力が見えていたわけです。そして使ってみて原口がその指示を慣れないながらも遂行したことで初めてその良さが自分にも理解できました。

小林にもそういう世界レベルの特徴がきっとあると思います。しかし、ファーストプレーから指示を無視して好き勝手やられたのでは、彼の眠れる能力を発見することはできませんでした。アピールというのはチームプレーを放棄し自分の得意なことを好き勝手にやることではなく、監督の指示やチームプレーとして与えられた役割をこなしながら自分の特徴を示すことです。もう現代のサッカーに個人の自由なんてのはほとんど存在しないということに気づいてください。





小林の特徴を周りが理解し、チームプレーとしてその「個」を戦い方に落とし込んで初めてサッカーになるわけです。いきなり味方が理解できない暴走をしてもゲームを壊すだけです。


前園さん。もしあなたが小林の立場ならサイドで使ったその監督の狙い、意図、想定される展開が見えますか?それとも小林と同じように監督から言われたことを理解できず、無視し、自分が得意だからといって中央でゲームを作りますか?


こんな話が出てくるたびに、僕は「だから日本はまだまだなんじゃないか」という暗い気持になってしまいます。

©河童戦術 2014 | VeeThemes