地面を叩いても判定は覆りません

地面を叩いても判定は覆りません

 河童戦術::
地面を叩いても判定は覆りません

J1第13節の名古屋グランパス対鹿島アントラーズを見ていてすごく気になったことがありました。後半の攻防のなかで永井謙佑がボールを運ぼうとした場面。





マイボールで試合再開されるだろうと判断したのか、永井はすぐに立ち上がろうとはせずゆっくりと座ったまますね当てを直しています。しかしレフェリーは鹿島ボールでのスローインと判定。これに怒った永井は地面を叩いて「なんでだ」と抗議しました。




もちろん判定が覆ることはなく鹿島ボールでプレイは再開されましたが、それでも永井は執拗に審判へ判定について地面を叩いて抗議していました。そのため人数が少なくなった名古屋はトップ下の田口が代わりに戻ってますが、結果としてボールを自陣の危険な場所へ運ばれてしまいます。

どれだけ地面を叩いても判定は絶対覆りませんのですぐに次のプレイへ切り替えてほしいですね。少なくともプロの選手にはやってほしくない行動だと思いました。良い子のみんなは真似しちゃ駄目だぞ。

©河童戦術 2014 | VeeThemes