ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

小笠原満男の目立たないけど大事な動き

小笠原満男の目立たないけど大事な動き

 河童戦術:Football:
小笠原満男の目立たないけど大事な動き

Football:
J1第10節の鹿島アントラーズ対アルビレックス新潟を見ていたのですが、後半終了間際に交代で投入された小笠原満男のプレイについてひとことだけ。



カウンターに蓋をするというのとセカンドボールを奪うという動きをさすがベテランという感じでプレイしていたので取り上げてみます。あまり目立たないところですけどこれめっちゃ大事だと思います。



この時点で小笠原は中央にポジショニングをとっています。ボールを持ってるのは金崎ですけど、そこからボールを受けれる位置へ移動しています。



ここで金崎がボールを奪われます。中央側へ位置していた小笠原ですが奪われる前から奪われた直後にかけて新潟のサイドにいる選手を確認し、そこへパスを出させないようにポジションをとります。これで奪われた直後に縦へ出すことができなくなりましたね。



そして新潟は縦を切られたため中央へ返します。ここで縦へのパスは無いと確認した小笠原ですが今度は中央へポジショニングを移し次のパスコースを潰します。



もし金崎から奪った直後にパスコースが残っていれば新潟はカウンターを仕掛けれたかもしれません。しかし小笠原がコースを塞ぎ、カイオなどの前の選手が攻撃を遅らせたため新潟はボールを捨てることになります。



新潟が蹴ったボールは鹿島の最終ラインへ。ここでまた前線へロングパスを蹴るのですが、小笠原はもし短いパスを繋いでいくときのためにここまで戻っていましたね。



鹿島の最終ラインから送られたボールは新潟の最終ラインへ。ここで跳ね返されると予測した小笠原は繋がれるとまずい部分、カウンターの起点になりそうなところへダッシュしています。この読みがまずベテランっぽいです。




新潟の最終ラインが跳ね返したセカンドボールを小笠原は相手よりも速くポジションに入ることでマイボールにします。そして金崎へ。



そのボールを金崎がシュートして一連の攻撃が終了します。いかがでしたでしょうか。本当に目立たないところなんですが、小笠原の動きが素晴らしかったなあと思いました。こういうのを柴崎岳にも受け継いでいってほしいですね。



©河童戦術 2014 | VeeThemes