ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

鹿島らなかった浦和レッズ

鹿島らなかった浦和レッズ

 河童戦術:Football:
鹿島らなかった浦和レッズ

Football:
ACL決勝トーナメント1回戦2ndレグでFCソウルと対戦した浦和レッズはPK戦まで戦い惜しくも敗退することとなりました。この試合についてはPKについてだったり自陣からのビルドアップミスでの失点などが注目されているわけですが、ここでは自分が一番気になった場面を振り返ってみます。


それは延長後半に3-2と一度浦和レッズがリードしていた時間帯でのこと。残り時間は約5分ほどだったでしょうか。浦和レッズがボールを奪い相手陣地へ侵入していきます。



ここでまず考えることは試合の状況です。このときは延長スコア2-1とリードをしていて残り時間は約5分。相手陣地で攻撃側から見ると数的不利の場面で両チームとも疲労が蓄積されている状況です。ボールを受けた興梠や柏木は無理にゴールを目指して侵入しようとはせずボールを安全な場所へ運びます。



大事なことはまずボールを失わないこと。次にボールを失ったとしてもカウンターを受けにくい場所へ運ぶこと。そして相手を自分たちのゴールから遠ざけることなど。



この時点で人数は浦和が6人、FCソウルが7人ですね。ということは浦和陣地には浦和が4人、FCソウルが3人。自陣のGKからボールを捨てずに繋いでいく浦和レッズのスタイルであれば当然ボールの保持を一番に優先すると思っていたのですが。



ここで駒井には後ろにまだフリーの味方へのパスコースが残っています。TPOS的に考えるとそのフリーの味方へ下げるというのがボール保持するための最善の手だったように感じます。しかし駒井はドリブルで突破しようと試みました。


このチャレンジは失敗し相手ボールのスローインとなりました。リードしていて残り数分という場面。できるだけボールを保持し相手に攻撃のチャンスを与えないようにしたい状況で、果たしてこのドリブルは本当に最適なチョイスだったのでしょうか。

結果としてこの数分後に失点しPK戦へもつれ込んでしまうわけですが、このゲームの終わらせ方というところが気になりました。これは個人の技術的な問題ではなくメンタルの問題でもなく、チームとしてのゲームの運び方というところです。



浦和レッズは鹿島らない。といえばそれまでですが、それで失ったものは大きいような気がします。FC東京は明らかに戦力的に劣っていた上での敗戦でしたけど、浦和レッズはそうではありませんでした。勝利に値するだけのチーム状態だっただけにこのひとつの場面がすごく残念だったなあと感じています。

©河童戦術 2014 | VeeThemes