ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

ACL敗退したFC東京の失点場面について

ACL敗退したFC東京の失点場面について

 河童戦術:Football:
ACL敗退したFC東京の失点場面について

Football:
ACL決勝トーナメント1回戦2ndレグで後半アディショナルタイムで失点したFC東京は0-1で上海上港に敗れ2戦合計スコアで引分けとなりアウェーゴールの差で敗退となりました。まずはその失点場面を。


ここで注目なのは東京の最終ライン。ロングボールを跳ね返したときに森重ら守備陣はラインを上げます。まあこれは基本的な動きですね。



しかしここで問題が発生します。右サイドバックの橋本選手だけラインを一緒に上げることをしませんでした。



これにより上海上港の選手が2人ほど東京最終ラインのギャップに入り込んでしまいます。これではオフサイドにならないですね。ラインを上げるときは全員で上がらないとこうなるわけです。



東京の最終ラインを統率しているのは森重でしょうから、彼が声などで合図し、もしくは約束事として跳ね返したらラインを上げるということを徹底していたはずです。しかし本職ではない橋本が最終ラインに入っていたことで、最後の最後に綻びが表面化してしまいました。





この試合、FC東京のサイドバックである室屋は負傷中、駒野も不在、左サイドの小川も不在と、本職が上から3人もいない状態だったため本来はボランチの橋本を右サイドバックで起用していました。跳ね返したらラインを上げる。本職であればそれほど難しいことでもない基本的な場面での一瞬の判断ミス。これは彼だけに責任があるわけではなく、この大事な試合にそういう状態で臨まざるを得なかったチームとしての問題ではないでしょうか。

また、FC東京にも決定的なチャンスはありました。前田がGKと1対1になった場面などは上にいくためには絶対に決めなければならないシュートでしたし。あれを確実に決める選手がいるかいないかで、ここから先へ進めるかどうかというのも決まってきます。

残念ながらFC東京の今季ACLでの挑戦はここで終了しました。しかし、ここからさらに上を目指すためには何が必要なのかというのも見えたのではないでしょうか。ただ守っているだけでは勝てませんし、上海上港は勝ち進めるだけの戦力もありました。

この結果は受け入れがたくても受け入れなければなりません。この経験を来季へ活かすためにも、いち早くリーグ戦へ集中し順位を上げていかなければ。次の目標へ切り替えてJリーグでの試合を頑張ってほしいと思います。

©河童戦術 2014 | VeeThemes