川崎フロンターレ車屋紳太郎の守備は適切だったのか

川崎フロンターレ車屋紳太郎の守備は適切だったのか

 河童戦術:Football:
川崎フロンターレ車屋紳太郎の守備は適切だったのか

Football:
アルビレックス新潟対川崎フロンターレの試合を見ていて気になったところがあったので取り上げてみます。守備の優先順位はそれでよかったのかというところ。





新潟がカウンター攻撃を仕掛けた場面。もしもあなたが矢印の選手だったとしたら、このピンチをどう守りますか?まず自分だったらこうするかなあという考えが浮かんだら下のGIFを御覧ください。





このとき川崎左SBの車屋選手はこのように守りました。自分としてはこの守り方はあまり良くないなあと感じたのです。ではどうすれば効果的だったのかというと





ボールを運んでいる選手の右側にも新潟の味方がいますけど、ここはまずサイドを捨てるとしてもボールを遅らせることを優先して欲しかったなあと思いました。このドリブルしてる選手に対してプレッシャーがかからないと、どこまでも最終ラインは下がっていきます。





結果としてはここで失点することはなかったのですが、ボールに対してプレッシャーがかからず危険な場面を作られてしまった川崎の守備はこれで良かったのか。というわけでこうすれば良かったのではないかという一例を。




このようにまずはボールを遅らせるということを優先して欲しかったなあと。その間に味方の帰陣を待ってポジションを取り直す。これが絶対に正解とは言いませんけど、一度車屋選手にこのときどういう判断したのか聞いてみたいです。


ちなみに解説者の松木安太郎さんが日本代表の試合などでしょっちゅう「1人行かなきゃ駄目だ!!」と放送中に話しているのを聞いたことがあると思いますが、あれは「(ボールに対してプレッシャーがかからないとシュートを狙われるしフリーで精度の高いクロスを上げられる可能性が高いし最終ラインを上げれないしそれが決まらないと味方の守備位置が定まらないから)1人行かなきゃ駄目だ!!」と言ってるのだと思います。

©河童戦術 2014 | VeeThemes