ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

名古屋グランパスの後半が弱すぎるのはなぜなのか

名古屋グランパスの後半が弱すぎるのはなぜなのか

 河童戦術:Football:
名古屋グランパスの後半が弱すぎるのはなぜなのか

Football:
名古屋グランパスは現在4勝2分5敗の11位につけています。まあ想定通りと言いますかそれほど驚きのない順位ではないでしょうか。しかし先日とあるデータを拾ったところ興味深い数字が。





今季のグランパスは前半のスコアだけで順位をつけると5勝5分1敗で1位だったのです。ちなみに後半のスコアだけで順位をつけると1勝6分4敗で16位でした。前半は良い試合をしているのにどうしてそんなに後半に弱いのかを探るため、この記事ではまずどういう状況なのかをまとめておきます。


第1節 ジュビロ磐田
前半 1-0 ○
後半 0-0 △
結果 1-0 ○

第2節 サンフレッチェ広島
前半 1-1 △
後半 0-0 △
結果 1-1 △

第3節 川崎フロンターレ
前半 1-1 △
後半 1-2 ●
結果 2-3 ●

第4節 ベガルタ仙台
前半 1-0 ○
後半 1-1 △
結果 2-1 ○

第5節 FC東京
前半 1-1 △
後半 1-2 ●
結果 2-3 ●

第6節 大宮アルディージャ
前半 1-0 ○
後半 0-2 ●
結果 1-2 ●

第8節 アルビレックス新潟
前半 1-0 ○
後半 1-1 △
結果 2-1 ○

第9節 浦和レッズ
前半 1-1 △
後半 0-3 ●
結果 1-4 ●

第10節 横浜Fマリノス
前半 1-0 ○
後半 2-1 ○
結果 3-1 ○

第11節 ヴィッセル神戸
前半 0-1 ●
後半 0-0 △
結果 0-1 ●

第12節 ヴァンフォーレ甲府
前半 0-0 △
後半 2-2 △
結果 2-2 △


前半リードして折り返しは5試合
前半リードで勝利は4試合
前半リードで引分は0試合
前半リードで敗北は1試合

前半同点で折り返しは5試合
前半同点で勝利は0試合
前半同点で引分は2試合
前半同点で敗北は3試合

前半ビハインドで折り返しは1試合
前半ビハインドで勝利は0試合
前半ビハインドで引分は0試合
前半ビハインドで敗北は1試合


注目は前半リードされて折り返したのはヴィッセル神戸戦の1度だけというところ。前半は比較的良い試合運びをしていると推測できます。ちなみに先制されてから逆転した試合は1度もありません。

そしてグランパスは今季ドローで前半を終えると1度も勝利できていないのです。前半のうちにリードを奪ってしまえば何とか勝ち星を拾えているけど、同点で後半を迎えたり相手に先制されるとほとんど負けてしまいます。

数字だけで推測するならばやはり監督の采配が気になります。あと自分が見た何試合かでは後半になると永井が守備をサボって守備陣形が崩壊してるのを何度か目撃しました。ただ全ての試合を注意深く観察したわけではないのでとりあえず憶測です。

というわけで今回はこのようなデータを拾ってみました。次回からはこのデータを参考に試合の中身や監督の采配、選手のプレイなどを見てこの数字の理由を探ってみたいと思います。

©河童戦術 2014 | VeeThemes