レスターはプレミア優勝できますか?

レスターはプレミア優勝できますか?

 河童戦術:Football:
レスターはプレミア優勝できますか?

Football:
ちょうど一年前のプレミアリーグ順位表(下位)を見てみると、この時点で最下位にいるのはレスターでした。まあ混戦ではありましたが、それでもレスターは降格圏脱出まで7ポイント差の最下位でした。


それから1年が経った今日のプレミアリーグ順位表(上位)はというと。


レスターは2位に7ポイントの差をつけて首位に立っています。勝点は去年の19(29試合)から69(32試合)へと実に50ポイントも増えました。いやほんとありえないですね。

昨シーズン、一時は断トツの最下位に位置していたレスターでしたが、最後の9試合を7勝1分1敗というありえない結果で乗り切り一気に降格圏を抜け残留したわけでしたが、実は今季開幕前に当時の監督が息子の不祥事もあり退任しています。そしてあたらしくラニエリという監督を招聘したところ、周りの予想を覆す快進撃を続けています。

まあ他のビッグクラブが勝手にコケたとかいろいろな要因はあるものの、すべてが偶然ではないように思います。まずこれまでは無名だった選手たちですが、本当に質のいい素材が多いですね。スカウトの見る眼が素晴らしかったこともあるでしょうし。


で、レスターは2位と7ポイント差の首位で残り6試合です。2位のスパーズも今季はかなりいいチームで手強い相手でして、そのスパーズの残りの対戦相手はというと

33節 vsユナイテッド(5位)
34節 vsストーク(8位)
35節 vsウェストブロム(11位)
36節 vsチェルシー(10位)
37節 vsサウサンプトン(7位)
38節 vsニューカッスル(19位)

となっています。まあ次のマンチェスターユナイテッドとの対戦が大きな分かれ道になるでしょうか。一方の首位レスターの残りの対戦相手はというと

33節 vsサンダーランド(18位)
34節 vsウェストハム(6位)
35節 vsスウォンジー(15位)
36節 vsユナイテッド(5位)
37節 vsエヴァートン(12位)
38節 vsチェルシー(10位)

わりときついですね。次のサンダーランドは降格圏ギリギリのところにいるわけで、そういうクラブは本当にやっかいです。まあどことやっても楽勝なんてことはないでしょうけど。


最後にシミュレーションです。現時点で勝点は7ポイントの差が開いていますので

レスター 4勝2敗か3勝3分(81)
スパーズ 6勝(80)

つまりレスターが残り6試合で4勝すれば間違いなく優勝です。

レスター 3勝2分1敗(80)
スパーズ 6勝(80)

勝点で並んだ場合は得失点差→総得点の順で多いほうが上になります。もしそれで並んだら中立会場でプレーオフですがまあ無いでしょう。得失点差はスパーズのほうが8ポイント多いため、もし最後に勝点で並んだ場合はスパーズが有利になっているかもしれません。次からはスパーズが逆転できる計算をしてみます。

レスター 3勝1分2敗か2勝4分(79)
スパーズ 6勝(80)

レスター 3勝3敗か2勝3分1敗(78)
スパーズ 6勝(80)か5勝1分(78)

レスター 2勝2分2敗(77)
スパーズ 5勝1分(78)

レスター 2勝1分3敗(76)
スパーズ 5勝1敗(77)か4勝2分(76)

レスター 2勝4敗(75)
スパーズ 4勝2分(76)

だいたいここらへんまでが現実的なラインでしょうか。一応3位のアーセナルも1試合少ない58ポイントなので、上2つがコケれば可能性は少しだけあります。さてさて残り6試合どうなるか...楽しみですね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes