ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

今季欧州5大リーグの平均勝点をベスト10で出してみました

今季欧州5大リーグの平均勝点をベスト10で出してみました

 河童戦術:Football:
今季欧州5大リーグの平均勝点をベスト10で出してみました

Football:
2016年4月3日時点の平均勝ち点率を欧州5大リーグでベスト10を出してみました。試合数がバラバラなので平均勝ち点(勝点÷試合数)で比較。


1位 2.57 バイエルン(ドイツ)
2位 2.50 パリSG(フランス)
3位 2.45 バルセロナ(スペイン)
4位 2.39 ドルトムント(ドイツ)
5位 2.36 ユベントス(イタリア)
6位 2.26 アトレティコマドリー(スペイン)
7位 2.23 レアルマドリー(スペイン)
8位 2.16 ナポリ(イタリア)
9位 2.16 レスター(イングランド)
10位 2.03 ローマ(イタリア)
11位 1.94 スパーズ(イングランド)


となりまして、平均勝点が2.0を超えているクラブは5つのリーグを合わせるとちょうど10クラブありました。なお今季のプレミアはビッグクラブが全部コケたこともありランクインしているのはレスターだけという。勝点というのは勝利で3、引分で1、負けでゼロなので、1位のバイエルン(23勝3分2敗)がいかに異常に高い数字なのかわかりますね。

ちなみにJリーグで優勝したクラブを見ていくと、2015年サンフレッチェ広島が2.18、2014年のガンバ大阪が1.85、2013年の広島が1.85、2012年の広島が1.88でした。Jリーグはやはり混戦になることが多く平均勝点は低くなりがちです。

©河童戦術 2014 | VeeThemes