プレミアリーグ優勝争いは残り4試合で勝点5差

プレミアリーグ優勝争いは残り4試合で勝点5差

 河童戦術:Football:
プレミアリーグ優勝争いは残り4試合で勝点5差

Football:
現在の上位陣の順位は

1位 73 レスター
2位 68 スパーズ
3位 60 マンC※
4位 60 アーセナル※
5位 56 ユナイテッド※
6位 53 ウェストハム※
※1試合未消化

となっています。レスターは引き分けスパーズが勝利したため1位と2位の勝点差は5となりました。なお得失点差はスパーズのほうが13ポイント上なので、勝点で並んだ場合はスパーズが上になりそうです。残り4試合ですけど今後の日程は以下の通り。

レスター
vsスウォンジー(15位)
vsユナイテッド(5位)
vsエヴァートン(11位)
vsチェルシー(10位)

スパーズ
vsウェストブロム(14位)
vsチェルシー(10位)
vsサウサンプトン(7位)
vsニューカッスル(19位)


スパーズ関係なくレスターが優勝するには
レスター 2勝2分(81)
スパーズ 4勝(80)

スパーズが逆転優勝するには
レスター 1勝3分か2勝2敗(79)
スパーズ 4勝(80)

レスター 1勝2分1敗(78)
スパーズ 3勝1分(78)

レスター 1勝1分2敗か0勝4分(77)
スパーズ 3勝1敗(77)

レスター 1勝3敗か0勝3分1敗(76)
スパーズ 2勝2分(76)

レスター 0勝2分2敗(75)
スパーズ 2勝1分1敗(75)

レスター 0勝1分3敗(74)
スパーズ 2勝2敗か1勝3分(74)

レスター 0勝4敗(73)
スパーズ 1勝2分1敗(73)


見た感じやっかいな相手はレスターがユナイテッド。CL圏内の4位を取れるか微妙な位置にいますね。スパーズはセインツのEL圏内争いとニューカッスルの降格圏争いでしょうか。こういう最終局面ではやっぱり何かが懸かっている相手が一番やりにくい相手です。あと残り3試合で両チームと対戦するチェルシーもめんどくさい相手。現在の順位こそ10位ではありますが、やっぱり怖い。

レスターは肝心要のFWバーディさんが何試合か出場停止になる予定。次節は間違いなくいませんし、主審への暴言で追加処分が出ればさらにいなくなります。きついですね。なんといっても替えがいない。レスターは冬にひとり移籍したけど補強はしませんでした。つまり元々FWが4人で、3人になったところでさらに一人欠けるので、2トップでずっとやってたのに今は岡崎とウジョアしかいません。

一応オプションプランとしてマフレズの1.5列目起用や、ワントップの中盤5枚という布陣も試したことがありますけど、やはりやり慣れてる4-4-2で戦いたいところ。レスターは11人がそれぞれ最適なポジションとプランによりかみ合う事で今の強さがありましたが、ひとりでも欠けると途端に崩れる可能性もありそうです。

対してスパーズですが、本当に強い。自分が見てきた史上では今が一番強いと思います。ベイルやモドリッチがいたあのころよりもチームとしては上でしょう。現在のチーム状態は不安要素のあるレスターよりも期待値が上かもしれません。

残り4試合で勝点差は5という状況。スパーズが今の勢いなら残り試合全勝しても不思議ではなく、レスターが今後2連敗することも十分あり得ます。仕掛人ジョナサン・モスおっかねー....

©河童戦術 2014 | VeeThemes