永井謙佑のシュートはどう見てもオフサイド

永井謙佑のシュートはどう見てもオフサイド

 河童戦術:Football:
永井謙佑のシュートはどう見てもオフサイド

Football:
川崎フロンターレ対名古屋グランパスの試合で、2-2の同点時に永井のシュートがオフサイドの判定となりネット界隈がざわついております。どうしてあれがオフサイドになったのかをわかる範囲で説明してみます。


まずこのプレイですが、安田からボールを受けた永井はオフサイドではありませんでした。テレビのリプレイがここを強調しているから紛らわしいんですけどね。



ここでボールを受けた永井はもちろんオフサイドではないし、シュートまで持ち込んだ一連の動きや展開に問題はありませんでした。





問題はこちらの選手でした。おそらく松田選手だと思いますが、永井がシュートした時点でオフサイドの位置にいてしかもGKの邪魔をしてしまっています。この松田のプレイが相手競技者にインパクト(影響)を与えたとしてオフサイドの判定となったようです。

これについては先日、日本サッカー協会がオフサイドに関する追加ガイダンスという説明をしていました。

日本サッカー協会の解説



今回のガイダンスで相手競技者に干渉するとは、オフサイドポジションに位置している競技者が、近くにあるボールを明らかにプレーしようと試みた場合や、ボールを避けようというような明らかな動きをした場合、その動きが相手競技者のプレーやプレーの可能性を遅らせる、邪魔する、または妨げる等の影響を与えた場合にオフサイドとして罰せられることを明確にしたことになる。

オフサイドに関する追加ガイダンスについて | JFA

つまり今回のケースで例えると、永井選手のプレイにはまったく問題はなかったのですがGKの横にいた松田選手がオフサイドポジションに位置し、なおかつ近くにいるGKのプレイを邪魔したということでオフサイドの判定になったということです。



ちなみにこれはファールの判定じゃないのかという声をいただいたので説明すると、主審がジャッジしたあと選手へ説明しプレイを再開するときまで手を上にあげています。これは間接フリーキックで再開しますよという合図なのでオフサイドの判定をしたと判断できますね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes