Jリーグの試合の多くが前半は退屈な気がする

Jリーグの試合の多くが前半は退屈な気がする

 河童戦術:Football:
Jリーグの試合の多くが前半は退屈な気がする

Football:
以前から考えていたのですが先日のFC東京対ヴィッセル神戸を見ててあらためて感じました。Jリーグの多くのチームに当てはまることだと思うのですが「試合の前半が退屈」な展開に出会うことが多い気がします。

FC東京は守備時に4-4-2の布陣を敷いてコンパクトに守ります。ヴィッセル神戸は4-1-4-1のような形で守ります。どこにボールが入ったらどう守るのか。逆サイドへ展開されたらどう動くのか。できているかどうかは置いておいてどちらも守備時の約束事はしっかり作られていてそれに沿ってゲームを進めているように見えます。

では逆に攻撃時において、その守備時にあったような約束事がありそれに沿って攻撃を組み立てていたかというと少し疑問です。どこでどうやって誰が奪ったらどこへどうやって運んで相手を崩すのか。相手が引いて守備陣形が整っていたらどうやって組み立ててどこで崩してゴールを奪うのか。という攻撃の約束事が少ないように感じます。

守備はしっかりしている(しているとは言ってない)のに攻撃は自由裁量な部分が多いのでは。そのため相手が疲労などで約束事を的確にできなくなるまで相手を崩せない。という仮説が最近芽生えてきました。そんなことねーぜって言われるかもしれませんけど、最近そんな気がしています。

もうひとつ最近もしかしてと思っていることがあって、それは「スカウティングが甘いのでは」ということ。そのため前半は様子見でそこで得た情報も使いながら後半に勝負しているのかなと。ただこれに関してはJクラブそれぞれがどのレベルまで相手を研究し対策を立て練習へ落とし込んでいるのかというところが見えないためわかりません。どーなんでしょ。

とにかく相手がしっかりと守備を整えている攻撃時でも積極的に相手の弱みを突いて崩す展開をどの試合でも見たいのです。今週末は前半が退屈な試合に出会いませんよーに。

©河童戦術 2014 | VeeThemes