コンサドーレサポがJリーグマスコット総選挙で不正行為か。ドーレくんは現在2位

コンサドーレサポがJリーグマスコット総選挙で不正行為か。ドーレくんは現在2位

 河童戦術:Football:
コンサドーレサポがJリーグマスコット総選挙で不正行為か。ドーレくんは現在2位

Football:
現在実施されているJリーグマスコット総選挙2016ですが、先日中間発表がありました。それによりますと1位はFC東京のドロンパ、2位は北海道コンサドーレ札幌のドーレくん、3位はヴィファーレン長崎のヴィヴィくんとなっています。

このJリーグマスコット総選挙ですが投票方法はマスコット別に用意されたハッシュタグをツイートするというもの。そのツイートを1票とカウントし(RTも1票で計算)合計数で順位を決定するというルールになっています。

そして注意事項には以下のようなルールが明記されていました。

・システム等による同一内容の連続投稿など、不正と思われる投票は無効とさせて頂く可能性があります。 実施概要:Jリーグマスコット総選挙(2016/サッカー):Jリーグ.jp

いわゆるbotと呼ばれるあらかじめ登録しておいたツイートを定期的に自動でツイートしてくれる機能を使用した投稿は不正であるとのこと。そして最近ツイッター界隈でとある噂をよく目にするようになります。


不正をしているクラブがある


というもの。で、そういう噂をされているクラブのハッシュタグについて実際に調べてみました。調べ方については簡単。ツイートされたクライアントを見ればすぐわかります。いわゆるbot投稿するためのクライアントというものがあり、それを使用された投稿に関しては不正ツイートの可能性が大きいわけですね。その結果は....



はい。今回調べたのはコンサドーレ札幌です。上のようなbotツールを使用したと思われる投稿が結構ありました。まあそうは言ってもただのお遊びですし不正をして順位をつり上げてることくらいどーでもいーかなーと思ってたのですが、「よく調べもせずに一部の信憑性に欠けるスクショ見ただけで脅迫まがいのツイートするそちらも問題あるんじゃないんですかね? 」などと札幌サポに煽られましてね。じゃあちゃんと調べましょうと。



まず使われているツールは「twittbot.net」というクライアントです。これはあらかじめ投稿を作っておいて(最大700ツイート作れるはず)それを30分毎、1時間ごとなど時間を指定しておけば自動で投稿できるツールになっています。どのクライアントで投稿されたのかを見るにはツイートデックなどのクライアントであれば確認できます。これで小一時間チェックしてみたところ....


取り上げたツイートは全てbotツールを使用してました。タイプ的には、今回のためにアカウントを作成してbot運用しているもの、いつも使っているアカウントにbotツールを取り入れて普段のツイートのなかにbotツイートを紛れ込ませているものなど。



また、今回のルールの抜け穴を利用しグレーゾーンを突っ走っているひともいるようなのでついでに載せておきます。それは、ひとりで複数のアカウントを作成し、ツイートしたらそのアカウント同士でリツイートしあうというもの。

1.まず捨て垢を作ります


2.タグつけて適当にツイート


3.捨て垢同士でリツイート



こうやってドーレくんは見事中間発表で2位を獲得しました。おめでとう!!



追伸。あくまでやってるのは一部の人間であり全体の票から見たら微々たるものです。順位を覆すほどの不正なのかはわかりません。ただ札幌のサポーターに難癖だと言われたので取り上げてみました。以上。

©河童戦術 2014 | VeeThemes