ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

大会期間は使用できないネーミングライツを200億で売るとか

大会期間は使用できないネーミングライツを200億で売るとか

 河童戦術:buzz:
大会期間は使用できないネーミングライツを200億で売るとか

buzz:
ネーミングライツというはいわゆる「命名権」というもので、企業がブランド名をスタジアムに付けることです。有名なのは味の素スタジアムなど。ただしこれは大会などではネーミングライツを使えない場合が稀に発生します。


そのようなときは「東京スタジアム」と名前が変わります。で、このように「ネーミングライツが使えない大会」であるオリンピックに向けて造られている(その前年のラグビーW杯でも使いますが)新国立のネーミングライツを販売しようとしているとのこと。


 財源のメドが立たない中、下村文科相はこの日突然、「命名権の販売を検討している」と明言。国立の施設で命名権売却は極めて異例だが「整備費2520億円はやはり高い。民間からの寄付を含め、できたら200億円くらいは集めたい」と話した。


もちろんこれは買ってもオリンピック期間中は使えません。ちなみにラグビーW杯でも使えません。そんな一番注目が集まる期間は使えないネーミングライツを数百億円で売ろうと。意味わからん。


なお現在日本でのネーミングライツ料は高いところで数億円ほどでしょうか。安いところでは数千万円、さらに地方の安いところなら数百万円ほど。そこでいきなり200億円とか...もうこのような話が突然出てくるあたり、建設の迷走ぶりがうかがえますね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes