J1の順位決定方法まとめ。もし新潟が広島にあと1点とっていれば反則ポイントの差で順位が変わっていたというお話

J1の順位決定方法まとめ。もし新潟が広島にあと1点とっていれば反則ポイントの差で順位が変わっていたというお話

 河童戦術::
J1の順位決定方法まとめ。もし新潟が広島にあと1点とっていれば反則ポイントの差で順位が変わっていたというお話

現在(13節終了時点)のJ1順位表を見ていたのですが、順位の決め方でわからなかった部分があったので調べてみました。13節のJ1で清水エスパルスが0-4と大敗し、そのあと新潟が広島と試合をしていたのですが、もし新潟があと1点取って負けると清水と新潟は勝ち点、得失点差、当該成績で並ぶという展開になっていました。結果は2-4で新潟が敗れたためそこまで並ぶことは無かったのですが、今後のためにまとめておきます。



順位の決め方
(1で並んだら2、3、4と続いていく)

17位 清水エスパルス
18位 アルビレックス新潟


1.勝ち点
勝利 (3)
引分 (1)
敗戦 (0)

清水(10)新潟(10)と勝ち点で並んでいるため(どちらも2勝4分7敗)次の決定方法へ続く。


2.得失点差
ゴール数 - 失点数

清水(-9)新潟(-10)とここで上回ったため清水の順位が上になる。


3.総得点
ゴール数

清水(15)新潟(14)で、失点数はどちらも同じ(24)


4.当該チーム間の対戦成績
第2節 新潟 0-0 清水

スコアレスドローだったためここでも同じ


5.反則ポイント
■反則ポイントの算出について
1)退場1回につき3ポイントを加算する。
2)同一試合における警告2回による退場も、1回につき3ポイントを加算する。上の表では「警告」2回、「警告2回による退場」1回と表示される。
3)警告1回につき1ポイントを加算する。
4)上記、2)、3)の警告のうち、「異議」「遅延行為」によるものについては、別途1ポイントを加算する。
5)出場停止1試合につき3ポイントを加算する。
6)大会の終盤で、残り試合数よりも出場停止試合数が多い場合は、出場停止試合数分をポイント加算する。
7)ベンチにいる交代要員、またはチームスタッフに対する処分も、ポイント加算の対象とする。
8)他大会の影響で出場できない試合については、ポイント加算しない。
9)警告および退場(退席を含む)がなかった試合1試合につき、3ポイントを減ずる。

清水(43)新潟(40)と新潟の方が少ないため、もし新潟が広島にあと1点とって3-4で負けていたとすればこの反則ポイントでの順位決定となり新潟が17位、清水が18位となっていた。


6.抽選
※抽選は、J2降格チームの決定等、理事会が必要と判断した場合のみ実施される。 (AFCチャンピオンズリーグには、上記年間順位上位3位までの3チームが出場する。)


以上の項目で順位が決定されるとのこと。まあここまで並ぶということはめったにあることではないのですが、なにが起きるかわからないJリーグですし、この順位決定の項目となっている反則ポイントにも注目してみるとより楽しめるのではないでしょうか。

©河童戦術 2014 | VeeThemes