AFCチャンピオンズリーグのアウェイゴールルールについてまとめました

AFCチャンピオンズリーグのアウェイゴールルールについてまとめました

 河童戦術::
AFCチャンピオンズリーグのアウェイゴールルールについてまとめました

本当に先日の柏vs水原は1点を争うドキドキの展開となり、その試合自体は1-2の敗戦となったのですがアウェイゴールの差で柏レイソルがベスト8へ進出することになりました。今回はそのアウェイゴール方式について書いてみます。


まず、このルールが適用されるのはだいたいホーム&アウェイ式のトーナメントです。UCLやACLはこの方式を採用していますね。これは、2戦合計のスコアが同点になった場合は「アウェイゴールの多いチームが勝利とする」というルールです。

柏レイソルの場合ですと、初戦はアウェイで水原2-3柏と勝利しました。アウェイで3点とっての1点差で勝利しましたので、セカンドレグのホームで勝利or引分はもちろん、もし0-1や1-2のスコアで敗戦していても突破が決まる条件でした。例を書いてみると

1stレグ 水原 2-3 柏

柏の突破条件は
2レグ スコア 2戦合計 Aゴール 突破
勝利

引分

0-1 3-3 3-1
1-2 4-4 3-2
2-3 5-5 3-3 延長
3-4 6-6 3-4 ×
0-2 3-4
×

以上のようになっていました。2戦合計が同点でアウェイゴール数も並んだ場合だけ延長戦へ、そこでも決着がつかない場合はPK戦で進出チームを決めるようになっています。そのため柏レイソルはセカンドレグで1-2と敗戦していてもアウェイゴール数で上回ったためベスト8へ進出することになりました。


ちなみにACLでもう1チームの生き残っているJクラブはガンバ大阪。1stレグはアウェイでFCソウルを相手に1-3とガンバが勝利しています。こちらの突破条件は

2ndレグ
2レグ スコア 2戦合計 Aゴール 突破
ガンバ 勝利

ガンバ 引分

ガンバ 0-1 3-2
ガンバ 0-2 3-3 3-2
ガンバ 1-3 4-4 3-3 延長
ガンバ 2-4 5-5 3-4 ×
ガンバ 0-3 3-4
×

このようになっています。1stレグで3点とっての2点差で勝利しているので、柏よりも有利な状況で2ndレグへ臨むことができます。がしかし、2週続けて同じ相手と戦うということは第1戦で通用していたことが修正されまったく違う展開になることもよくあることですし、油断はまったくできませんね。

©河童戦術 2014 | VeeThemes