ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

プレビュー、ゲーム、レビュー、コラム。

プレビュー、ゲーム、レビュー、コラム。

 河童戦術:Football:
プレビュー、ゲーム、レビュー、コラム。

Football:


実は。自分も加入しているJSPORTSですが、今季からJリーグに関して毎節1試合だけの放送となっています。正直なところ寂しい気持ちもあるのですが、それでも今年もスカパーには加入せず、ひかりTVのベーシックチャンネル+JSPORTS+NHKBSでJリーグを楽しんでいます。そして(大人の事情で?)放送される試合数は減ってしまったJSPORTSですが、その1つの試合をより楽しめるようにいろいろ工夫がされていると感じたのでまとめてみます。


まずはプレビュー


毎節のようにチームの監督やその対戦カードにゆかりのある方が登場し、熱くプレビューを語っています。自分は必ずこのプレビューを見てからその試合を見るようにしています。まあ対戦する監督がプランのすべてを話すなんてことはさすがに無いでしょうけど、その試合に対してどういう想いがあるのか、狙いはなどいくつかのヒントを得ることはできるかもしれません。


次にゲーム


この試合ですが玉乃節がさく裂し、本当におもしろい解説を楽しませていただきました。洗練されたサッカーではありませんでしたが、最初から最後までどちらも戦う姿勢を前面に出し、まるで昔のイングランドのような・・・という感じで個人的にはとても楽しめました。


そしてマッチレビュー

【松本山雅FC 反町康治監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、待望のホームJ1初勝利になりましたが
今の率直なお気持ちから伺えますか?

A、そうですね、こういう厳しいゲームを辛勝で
まあ無骨な試合でしたけど勝てたということは非常に大きいと思います。

Q、かなりフィジカル的な要素の強いタフなゲームでしたが
全体的にはいかがでしたか?

A、まあ30年前のイングランドサッカーでしたね。でも、向こうも金園の強さを生かすスタイルで苦労しましたし、前半はそういうリアクトの部分で拾われていたんですけど後半は逆に向こうの出足が遅くなったのか我々が速くなったのかわかりませんけど自分たちのボールにする機会が増えたので必然的にゴールは近いかなという風には感じました。


最後にコラム

J2リーグ入会からわずか4年目、今シーズンから明治安田生命J1リーグに戦いの場を移した松本山雅FCが、ホームスタジアムの松本平広域公園総合球技場における記念すべきJ1初勝利を挙げた。ベガルタ仙台を迎えた1stステージ第7節で、60分にMF岩上祐三が均衡を破ると、持ち前の粘り強い守備で得点を許さず逃げ切った。仙台は前節の川崎フロンターレ戦の黒星に続き、2連敗となった。


このようにプレビューから始まり中継をし、マッチレビューからのコラム。PDCAサイクルというわけではありませんが、これがやっぱりサッカーの楽しみ方のひとつかなあと感じました。よく「レビュー。レビュー。レビュー。」というサイトを見かけます。いやそれ自体は全然悪いことではないですけどね。もうピッチ上で起きた出来事を書くので失敗は無いうえにそれが一番数字を稼げるのでしょうし。

けどやっぱりJSPORTSさんが取り組まれているように、試合前にどんな試合になるのかを語り、試合を見ながら語り、試合を終えて語り、試合後に次の試合への改善策を語る。そういうサイクルでひとつの試合を楽しめるようになると、さらに議論が深まるのかなあと思っています。


というわけで今回はサッカーの楽しみ方のひとつを書いてみました。個人的に、語るのはプレビューが一番難しいと思っています。両チームの状況を把握してないと書けないし、実際試合の展開がどうなるかなんて始まってみないとわからない上に数字も出にくい?ので。それでも、自分の好きなクラブがもしあるのならこのサイクルで試合を楽しんでみてはいかがでしょうか。プレビュー、ゲーム、レビュー、コラム。

©河童戦術 2014 | VeeThemes