ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

13000人の熱い応援と47000の空席

13000人の熱い応援と47000の空席

 河童戦術:Football:
13000人の熱い応援と47000の空席

Football:

浦和レッズには排他的な考えをもっているコアなサポーターが存在する。これは事実でしょうし自分も以前ネット上で晒されたことがあります。


もう2年も前のお話ですけど「浦和はなんでワシントンみたいなFW獲らないんだ?」とツイートしたところ数十人の浦和レッズサポーターからリプライで批判を受けました。共通して言われた言葉は

「嫌なら見るな」
「海外厨」
「ミシャのサッカー知らないくせに」

などなど。そのころは特に炎上系でもなくスルースキルもなかったためにいろいろと面倒なことになってしまいました。そのとき浦和レッズに対して持った印象は「メンドクサイ」でしたね。

聞くところによると排他的な浦和サポは一緒に踊らない観客を「地蔵」と呼び、気に食わないサッカーファンはことごとく追い出していたようです。そんなことを繰り返していたら、浦和レッズに未来は無いでしょう。


コアサポがライト層を追い出し

気に入らないことがあるとコアサポも去り

そして誰もいなくなる。


13527人。ACL第2戦ブリスベン戦での観客数です。たしかにシーズン前でありリーグ戦よりは注目度の落ちる試合だったのかもしれません。けど。この数字は重い。


間違いなく運営は大赤字でしょう。本当は見に行きたかったひとがもっといたかもしれません。そういう人へ対して「地蔵」と侮辱をし「嫌なら見るな」と暴言を吐き、追い出した記憶はありませんか?

それとも排他的なコアサポは「あの空いてる席に来るはずだった奴気に食わなかったからオレが追い出したんだぜどうだすげーだろ」と自慢し合っているのでしょうか。

自分のフォロワーさんのなかにはとても気さくで良心的で社会の常識をもっている浦和レッズサポーターがたくさんいます。年に1~2回見に行くライト層から、いわゆる爆心地で熱い応援をするコアなサポーターもいます。そこに上下関係はありません。

それぞれがそれぞれの楽しみ方で「浦和レッズ」という娯楽を楽しむ。そういう当たり前のことをまず理解し、様々な楽しみ方を認め合い、みんなで楽しめばいいじゃないですか。

自分は浦和レッズに期待してますし楽しませていただいてます。排他的なサポにグダグダ言われながらも、それでも自分なりの楽しみ方で浦和レッズを応援しています。そして、これからも浦和レッズというクラブのサッカーを楽しもうと思っています。

排他的コアサポのみなさん。
この楽しみ方を認めてくれますか?

©河童戦術 2014 | VeeThemes