ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

韓国メディアがウズベキスタンU22代表に激怒してたので見たところ想像以上に酷かった件

韓国メディアがウズベキスタンU22代表に激怒してたので見たところ想像以上に酷かった件

 河童戦術:Football:
韓国メディアがウズベキスタンU22代表に激怒してたので見たところ想像以上に酷かった件

Football:


<サッカー>「ウズベクU-22代表、韓国に殺人未遂?」…海外メディアが猛非難 | Joongang Ilbo | 中央日報
  「ウズベキスタンは世界で最も暴力的なサッカーチームということを証明した」。海外メディアがウズベキスタン(以下、ウズベク) U-22(22歳以下)サッカー代表の“チンピラサッカー”を猛非難した。被害者は韓国のU-22代表だった。 

  U-22韓国代表は1日、タイで開催されたタイキングスカップサッカー大会第1戦でウズベクを1-0で破った。ウズベクは試合でもマナーでも負けた。 

  韓国は前半23分、ソン・ジュフン(アルビレックス新潟)がCKから先制ゴールを決めた。ウズベクは試合がうまくいかないと、非紳士的な行為を見せ、2人がレッドカードを受けて退場させられた。反則ではなく暴力だった。 

  後半32分、ヤロリディン・マシャリドフ(ウズベク)はカンフーを連想させるほど足を高く上げ、カン・サンウ(浦項)の胸を蹴った。カン・サンウはその場で倒れた。主審は退場を命じた。 

  さらにシャムシディノフ(ウズベク)は後半42分、ボールを競り合った後に倒れ、立ち上がると、シム・サンミン(ソウル)の顔を拳で3、4回殴った。右手と左手、右手と連続で顔を攻撃した。サッカーではなく総合格闘技をほうふつさせる場面だった。両チームの選手は駆けつけたが、幸い、より大きな暴力事態には広がらなかった。主審はウズベクに2枚目のレッドカードを出した。韓国は落ち着いて対応し、1-0の勝利を守った。 


えーと、すみません。また韓国がやらかしたのかと正直思ったのですが、逆でした。動画を観たのですが、これはひどい。ウズベキスタンの選手は本当に追放レベルでひどかった。もちろん蹴った選手は退場になった模様。


©河童戦術 2014 | VeeThemes