ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

Jリーグの観客平均年齢が高齢化しているのは今の若者がお金を持ってないからでは

Jリーグの観客平均年齢が高齢化しているのは今の若者がお金を持ってないからでは

 河童戦術:Football:
Jリーグの観客平均年齢が高齢化しているのは今の若者がお金を持ってないからでは

Football:


Jリーグ、昨季観戦者の平均年齢は40.4歳…女性比は38.5% | サッカーキング
 Jリーグは20日、Jリーグスタジアム観戦者調査2014における分析結果の報告会を行った。

 同調査は、リーグ戦に来場した観戦者の動向を把握するために、2001年から実施し、筑波大学体育系准教授の仲澤眞氏が分析した。2014年における観戦者の平均年齢は40.4歳(同伴来場の子供2人までを含むと、34.1歳)で、前年より0.9歳上昇。女性比は38.5パーセントだった。

 平均観戦歴はJ1が10.9年で、J2が9.8年。2014年に初観戦をした新規層の構成比は、リーグ全体で8.0パーセントを記録した。クラブ別ではセレッソ大阪の新規層構成比が11.8パーセントでJ1のトップとなり、J2(同年参入のカマタマーレ讃岐は除く)はFC岐阜の19.2パーセントだった。推定でC大阪は約4万3400人、岐阜は3万600人が新たにスタジアムを訪れたと分析された。

ちなみに昨年の記事では

Jリーグは6日、スタジアム観戦者調査 2013報告会を行った。 

同報告会では、2013シーズンにおけるスタジアム観戦者の平均年齢が、39.5歳と発表された。なお、2012シーズンの平均年齢は38.8歳。2011年のプレミアリーグ観戦者の平均年齢は、41歳だった。 

また、2013シーズンの観戦者における性別は、男性が62.6パーセントで女性が37.4パーセントだった。プレミアリーグの女性比は15パーセントとなっている。 

とのこと。これについていろいろな議論があるのでしょうけど、個人的には「今の若い人がお金を持ってない」ということも高齢化の要因となっているのではないかと推測している。これはプレミアリーグも同じ理由。

今の若者は金がない。だから遠征はきついしホーム皆勤もしんどい。だったらとりあえずテレビで応援しようかな。あれ地上波で放送してない。じゃあネットで配信しているところを探してみようかな。というのが今の流れに見える。

以前「#去年サッカーで使った金額」というお題タグをやったことがあるのですがやはりある程度生活にゆとりがないと遠征や旅行はなかなかきつそうでした。「夢は正社員」なんて言っちゃうところがあるくらいの今の日本の情勢では若い人がお金に余裕があって遠征を楽しむ、ホームを毎試合楽しむというのはなかなか厳しいのでは。

日本は海外のリーグとは違い、まず国土が広い。確かにチケット代はそれほど高額にはなってないものの、1試合を観戦する(出発から帰宅まで)トータルコストは高額となりやすいのかと。そういうところをいろいろ改善し安価で楽しめるようになれば幅広い客層に楽しんでいただけるのかなあ。

©河童戦術 2014 | VeeThemes